自己肯定感

   

 

vol.1506

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 

昨日の夜は同友会の
小さな勉強会に参加しました。

コロナの影響で今期は初となる集まり。
たった10人の会でしたが
非常に内容が濃くて
行って良かったなと思える会でした。

 

●認め合う空気

 

基本的に経営の話ばかり
しているのですが、

あそこには認め合う空気感があるのが
いいんですよね。

 

あの時にこんなこと感じたのは
アレがきっかけだったと思う。

いいよねそういうの。

 

傷の舐め合いでもないですし、
単なる慰め合いでもない。

それが自然にできるというのは
とても良い習慣だなと思います。

 

●肯定感

 

幼稚園や保育園の先生方を見ていると
この「認める」という事を
よくされているなぁと感じます。

もっとも幼稚園や保育園児はまだ
言葉も達者ではありませんので、
細かいこと言っても伝わらない
というのはありますが、

肯定感が最も人を成長させるのかなと
先生方の行動を見ていて思います。

 

 

仕事でも、
端から見ていると十分できているように
思う人でも、
自己肯定感が低いと

そんな事はないです

と言ってしまいがちです。

 

でもなんかそれってもったいない気が
するんですよね。

 

発表会やコンクールでしっかり弾いても
まだまだだと上を目指す事は
とても良いことではあるのですが、

自己肯定感をなくす、
もしくは自己否定につながるような
謙遜はかえって危険かなと思います。

 

 

これって人の特性ですので
他人は口出しできない部分では
ありますし、
無理やり作り変えることができる部分
でもありませんが、

この肯定感をうまく使うと
きっと物事がうまく進むのかなと思います。

 

 

小さなことから認めてあげる。

その積み重ねが
きっと自己肯定感につながるのかな、

そんな感じを受けました。

 

家庭でも仕事でも練習でも発表会でも
小さな声掛けから始めてみましょうか。

 

 

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■ちょっと珍しい!?トロンボーンの配信コンサート

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 自分のこと, 練習について, 同友会