意味のある本番

   

 

vol.1462

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 昨日は今年2月以来の発表会。
実に半年以上ぶりの本番でした!

 

●全クリ目指して

 

兵庫県は現在、コロナの感染警戒期という
フェーズになっています。

以前までは増加期でしたので
少し和らいだ形になっています。

しかし閉鎖された空間で本番を
行うのであれば、
出来る限り厳しい条件をクリアするべく
準備をしてきたのが昨日の発表会でした。

 

・名簿の提出

ホールによっては来場者全員の名簿の
提出を求められます。

当日に入り口で署名していただければ
問題ないのですが、それもまた密を生む
原因になりますので、

事前に参加証を配布し、
記入したものをお持ちいただくことに
しました。

 

・消毒の徹底

演奏前、演奏後にはて指の消毒を
行いました。
これで仮に鍵盤が菌だらけでも
大丈夫ですよね。

 

・ソーシャルディスタンス

席はホールのキャパシティの半分以下。
70席弱程度で設定しました。

 

・換気時間

1時間に1度の換気を求められて
いたのですが、
ひとつの部を1時間以内で終わるように
組むことで、
換気の時間を確保しました。

 

他にも細かなことは色々あるのですが、
出来ることは全てやって臨んだ発表会でした、

 

結果的に45分程度の短い短い発表会に
なってしまいましたが、
出演いただいたみなさんも、先生も
みんな喜べた、いい発表会になりました。

やれてよかった。
素直に思えた発表会でした。

 

 

●ライブ配信

 

帰宅後の23:30ころ。

いつもお世話になっている
コンサルの先生が
突然YouTubeのライブ配信を
開始されました。

 

今回はYouTube活用についての
ノウハウを約30分程度
お話されてたのですが、

いいタイミングで見ることができて
ラッキーでした。

チャットではありますが、
直接やり取りできるのも
ライブ配信の魅力ですよね。

 

勉強になりましたし、
その後すぐに動けたこともあったので、
とてもいい時間でした。

 

 

●意味のある本番

 

昼間の発表会にしても、
夜のライブ配信にとっても、
どちらも共通しているのは
やっている方もお客様も
時間を使って関わるという点。

 

見ている人たちの時間を
使っているんだということを意識して、
きちんと準備を行った上で
行うことがとっても重要だなぁ
と感じた次第です。

 

たとえ慣れていたとしても
一回一回の本番に
きちんとハードルを設け、
それをきちんと超えていく。

そういう意識ってとっても大切ですね。

改めて意識します。

 

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■立って調律・座って調律。その理由は?違いは?

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - コンサート, ライブ配信, 発表会