見てもらうとレベルアップにつながる

   

vol.1400

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 

昨日はYouTubeで修理ライブを行いました!
珍しくヴァイオリンの弦交換が
2台届きましたので、
それをやってる様子を見ていただきました。

 

●緊張してます

 

修理をお見せするライブって
緊張するんですよね。

やっぱり人の目があると、
それがたとえカメラ越しだったとしても
緊張はします。

でもこれを続けるのは意味があると
思っています。

 

 

 

一番最初にギターの弦交換を
教えてもらったときに、

これは数をやらないと
満足にできるようにならないなと感じました。

 

と同時に、
お客さんの前でやれるようにならないと
意味がないなとも感じました。

 

それから約20年。

その思いは忘れないように
やってきたつもりです。

 

 

おかげでギターの弦交換はもちろん、

ウクレレやバイオリン、
三味線やチェロであっても

弦交換程度であれば
緊張もせずにできるようになりました。

これはやはり量げいこです。

 

●器用さのアピールじゃない

 

しかしこの修理ライブを

ただ単に手先の器用さを
アピールしているんだと思われると
ちょっと違うんですよね。

 

やはり見てもらうというのは
リスクが伴います。
緊張もします。

 

そういう環境の中で行う技術というのは
きっと自分に返ってくる部分が
大きいのではないかと思うんです。

 

作業をより速くするためには
どうしたら良いのか?とか、

今なぜこんなことをしているのかを
きちんと伝える話術だったりとか。

そういうのを考えながら作業をしています。

 

●発表会と同じ

 

弦交換やその他の修理は
自宅で練習をするだけであれば
時間をかければ
きっと誰でもできるでしょう。

 

でも、人前での披露する機会があるかないかで
技術の習得度も違うのではないかと
思います。

演奏の場合はそれは発表会に当たります。

 

YouTubeのライブは
発表会ではありませんが、
雰囲気的に似ているのかなあと
思っているんです。

 

定期的にこういう場を持つことで
自分自身も視聴者さんから突っ込まれないように
準備をしますし、
そうすることでよりレベルアップができる。

それはひいてはお客様に対して
良い仕事が提供できる。

そうつながっていくはずなんですよね。

 

そういう流れが作れればいいかなと
思っています。

 

また近々修理ライブやりますね。

ぜひご覧になってください!

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 動画