みんなの正解がある

   

おまたせしました!6月1日よりレッスン再開します!

ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室の生徒さんむけご案内はこちら

ミュージックアミィの生徒さんむけご案内はこちら


vol.1378

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 

昨日は同友会のミーティングがありました。
まだ電車に長時間乗るのが若干不安なので
今回もZOOMで参加させてもらいました。

 

もうすっかりZOOMでの会議が
定着していますよね。

実際に困ることってあんまりなくて、
議論もしっかりできます。

時間と距離を考えるとZOOMでの会議
というのは良い選択だなぁと思います。

 

●リアルとZOOM

 

しかし一方で、
リアルに会わないとできないことも
たくさんあります。

 

会議の合間に起こるちょっとした
雑談の中にいろんなヒントが
詰まっているように思うのですが、
それはZOOMには向きません。

 

ZOOM飲み会も流行ってはいますが、
やっぱりリアルの懇親会的での学びも
たくさんありますので、

それがそのままZOOM飲み会で
できるかどうかと言われるとちょっと?です。

 

●どちらも正解

 

やはりリアルで会う方が良いのでは
ないかと思っていたので
実際に会う方がいいよと
声掛けしたほうがいいんじゃないかな
という提案をしたところ、
こんな風に言われました。

 

実際に会って話する事がいい人はそれが正解。

ZOOMで参加するのがいいと思う人にとっては
それが正解。

どちらが正解というわけじゃなく、
どちらも正解なんだ。

 

 

なるほどなーと思いました。

人の価値観というのはそれぞれです。

実際に会って話す方が情報は
たくさん入ってきます。

しかし人との距離を詰めることに
まだまだ不安を感じる人もいます。

そういう方にとってはZOOMで参加するのが
正解なわけなんですよね。

 

 

●学びを止めない

 

当教室のレッスンも
6月1日から再開しています。

多くの方がレッスンに戻ってきて
くださっている一方で、
まだやはり不安なのでしばらく休みます
という方もいらっしゃいます。

 

これはどちらも正解なんですよね。

どちらかが正しいわけではありません。

 

 

レッスンは趣味や学習の延長に
あるものです。

「○○せねばならない」という論調は
そぐわないと思っています。

 

オンラインではダメですとか
リアルじゃないといけませんとか

そういう風な話ではなく、
ご自身に合ったスタイルで、
続きやすい形で

レッスンを受けていただくのが
ベターなのかなと思っています。

 

 

最も大切なことは、学びを止めない事だと
思っています。

 

どんな形であっても、細々とでも、
学びをつなげていくことが重要なことだと
思うんです。

 

そこの部分だけ注意していただければ
後は皆さんのお考えのようにしていただければ
いいんじゃないかな~と思っています。

 

 

平瀬楽器はそのあたりは非常に緩やかです。

みんなの正解を尊重して、これからも
レッスンを進めていければなと思っています。

 


 

2020年春の無料体験レッスンスケジュール発表!いよいよご予約受付開始です!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■はじめなきゃ絶対ソン!?体験レッスンキャンペーンのお知らせ

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務・コンサートの配信業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。2013年からYouTube、2021年からはtiktokもスタート。2021年配信専門部門「HG動画配信サービス」を立ち上げる。

 - レッスンについて