見られているという意識

   

vol.1201

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日はある方の話を聞いた後に
懇親会に行きました。

そこで仲間と忌憚のない話ができたのですが、
ある発見がありました。

 

●よく知ってくれている

 

なんとなく話題が平瀬楽器の話になって、
久しぶりに会う友人がうちのことを
よく知ってくれているんです。

 

この間ピアニカをたくさん修理してたなぁとか、

調律がどうのこうのとか。

いろいろ褒めてくれたんですが、
最後に言ったのは、
Facebookとかで情報発信しているからこそ
伝わるんだ、と言ってくれたんです。

 

どれだけ世のため人のために
役に立っていたとしても、
発信していないと伝わらないんです。

 

ぼくはたまたまSNSが好きだから、
比較的自己顕示欲が強いから
発信し続けているわけですが、

この「発信し続ける」ことの意味は
こういうことなんでしょうね。

 

●お客様に伝えるのとは違う?

 

もちろんお客様に届けるのとは
ちょっと違うかもしれません。

しかしこの行為を
めんどくさいを理由にやらないと
伝わる人にも伝わらない。

伝えたい人にも伝えられないという
負のスパイラルが起きます。

 

いいことばかり伝える必要はなく、
逆にいいことばかり伝わるわけでは
ありませんが、

情報発信というのは日々意識して
取り組んでいく事が大切なのかなー
と思いました。

 

●本気で取り組む

 

家庭での楽器の練習や基礎練習なんかも
もしかしたら同じかも知れません。

 

地味だし日々同じことの繰り返しでは
ありますが、

それをちゃんとやっていることや
発信しつづけることで
何か引っかかりが生まれることだって
あるかも知れないんです。

 

大切なことは日々継続すること、
意識すること、本気で取り組むこと。

これに尽きるんでしょうね。

 

 

前向きに取り組んでいる姿を
見せていると、
きっと誰かが反応してくれます。

 

皆さんは本気の取り組みを
どれだけ意識されていますか?

意外と周りの人は見ていますよ。

 

今こそもう一度意識しましょう!

 

 

兵庫三田ピアノアカデミー

第7期生 修了コンサート


 

日 時:2020年2月9日(日)13:30開演
会 場:神戸市立北神区民センター
ありまホール
入場料:1,000円

 

全国各地から集まった生徒さんによる一年間の成果披露コンサートです。

どんなコンサート?と気になった方は、こちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆ケンハモデュオで「海の見える街」(講師演奏)(131/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - Facebook, ヒラセトモキのこと, 同友会