ノウハウは現場に転がってます

   

vol.1164

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 


 

平瀬楽器ではただいま秋の個人レッスン

入会キャンペーン実施中です!

11月末日までにご入会の方は、
なんと初月のお月謝が無料になるという
スペシャル企画!

毎年多くの方にお喜びいただき、
レッスンを始めていただいています。

この機会に、
あなたも音楽はじめてみませんか?

 


 

 

昨日はこちらの演奏会のお手伝いに伺っていました。

お手伝いと行っても演奏のエキストラとかではなく
受付スタッフのリーダーとして招聘されたんです。

もうかれこれ5〜6年になるのかな?
長いおつきあいです(笑)

 

●慣れているから

日頃イベントの仕事をしている関係で
イベントの全体を見るスキルというのは
割と高い方だと思います。

こういうイベント関係の仕事を依頼される時って
大体舞台の袖に入ることが多いのですが、
こちらの演奏会に関してはずっと受付です。

で、あるときに

なんで受付なんですかね?

と尋ねたときががありました。
すると先方の返答はこんな感じでした。

 

だって慣れてると思うし、
任せていても安心だから。

 

 

まぁ、たしかに何かわからないことがあったとしても
適当にやりぬけるようなスキルは持っていますし、
仮にトラブルが生じたとしても
最小限の被害で食い止める方法は
見つけることができると思います。

 

しかしこれって最初からできたわけではないんです。

こういった現場を経験させてもらうからこそ
会得できたものだと思っています。

 

●現場にあります

 

やはりノウハウは現場に転がっています。

本やネットで勉強するのとはレベルの違う事が
いっぱいあります。

その現場をたくさん経験させてもらうという事は
またそこにノウハウが溜まっていくわけです。

で、またそのノウハウを求めて仕事の依頼が来ると
いう流れになります。

とてもありがたいなと思うんです。

 

 

●なんでも一緒かな?

 

これは仕事以外の趣味でも同じかなと思います。

何かを頼まれる時というのは
新しいことを覚える時でもあるように思います。

ノウハウはみんな喉から手が出るほど欲しい。
しかし頼まれる時というのはそれを自動的に
積み重ねる事ができる時なんですよね、きっと。

 

「頼まれごとは試されごと」では無いですが、
依頼があったときに素直に受ける事は
結局回り回って自分のことになるのかなと思った
昨日のコンサートでした。

 

感謝していただいて、自分のもとにはきっちり
ノウハウが溜まっていく。

この感覚ってどんな仕事でも一緒かなと思います。

 

ぜひいろんな試されごとや頼まれ事を
受け止めてください。

で、ノウハウを貯めていってみてくださいね!

 

 

 

—-

 

いまはじめなきゃ絶対損!?

なんと初月の月謝が無料になっちゃう超スペシャルなキャンペーンを実施中!

あこがれていた楽器を始めるチャンス到来!気になった方は、まずはこちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆弦の太さとバラ弦について(114/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - コンサート