プロとアマチュア

   

vol.1106

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

台風、みなさんのところでは被害はありませんでしたか?

今回のように大きな台風でなかったとしても、
大雨や強風のときっていろんなイレギュラーなことが起こります。

不安なことも色々あると思うんですが、
そういうときこそ落ち着いて行動するのが
すべての近道なのかなと思うんです。

 

●結局早いのね

 

今日は芝居の本番前日で小屋入り、
つまり仕込みの日でした。

でも台風の被害が予想されるため、
ホールは14:00で閉館。

仕込みも15:00までと時間を切られてしまったのです。

 

照明や音響の仕込みをしてくださる
ホールのスタッフさんはすべてプロの方。

いろんな舞台を経験されている方々ばかりです。

 

そんな方々ってこういうときに
どんな動きをするのかな?とちょっと興味津々でした。

 

 

●アマチュアとプロ

 

「そんなこといわないでー」

「せっかく来ているんだから」

「雨、そんなに降ってないし」

「てか、中にいるほうが安心でしょ?」

 

アマチュアのみなさんはたいていこういうことを口にします。

だって自分たちの時間です。
自分たちの準備のために
フルに使いたいのは当たり前のことです。

 

でも、スタッフさんの対応は全然違いました。

決まった時間の中でできる限りのことをやろうと、
いつも以上にテキパキ動いてくださったんです。

 

これには本当に感動してしまいました。

 

おかげで、当初15:00からの予定だった舞台稽古が
約45分ほど前倒しになって、
ほんの少しだけですが実施することができました。

 

 

●注力する

 

プロというと与えられた仕事に対して
しっかり成果を出す人のこと、というような
イメージがありますが、
今回に関してはそこに収まりきらない
プロの魂的なものを感じました。

 

特にイベントなどの際には
プロの方にいろんなことを
お願いしないといけないことが多いです。

そういったときにプロの方に
気持ちよく動いてもらうためには
どうしたらいいのでしょうか。

自分たちの立ち位置、姿勢も含めて
考えておくのも大切かもしれませんね。

 

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆ヤニってピアノの査定に影響するの?(89/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベント開催ノウハウ, イベント屋