発表会は成長の場

   

vol.963

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!
先週末に行いましたヤマハの発表会を始めとして、
平瀬楽器では年に何度も発表の機会があります。

 

1月はJOC。

3月はヤマハ発表会と個人レッスンの発表会。

4,5,6,7月は個人レッスンの発表会。

5月にはPTNAのステップ。6月はPTNAのコンペ。

9月は管弦打楽器とおとなの生徒さんの発表会。

10月はエレクトーンのアンサンブルのコンクール。

11月にはクリスマスツリー点灯式での
屋外ミニコンサート。

 

ざっとこんな感じ。
細かいものを含めると、
もっと色んな種類の発表の機会があります。

結構多いでしょ?

 

もちろん全部に出る必要はないのですが、
がんばれば全部出ることだって可能です。

 

 

ただ、最近は発表会とか人前で弾く機会を
嫌がる方もいらっしゃると聞きます。

それってもったいないと思うんですよね。

 

●成長の場

 

先日のヤマハ音楽教室の発表会では、
主に舞台監督の仕事をしていました。

今から演奏する子どもたちの
一番近くについて、
本番ギリギリまで立ち会う業務です。

 

当然ですがステージ上でも
子どもたちとギリギリまで会話を交わしています。

 

「大丈夫?準備OK?」

「うん」

 

たったこれだけのやりとりだったとしても、
めちゃめちゃ緊張している様子や
逆に落ち着いている様子もキチンと伝わってきます。

 

さすがに何度も何度もステージに出ている生徒さんは
慣れていますので、すっかり落ち着いている感じ。

眼の前に1000人の席がある大きなホールであった
としても、どっしり構えている様子は
安定感があります。

そういうチームの演奏はやはり大きな事故もなく、
安定しています。結果が伴う安定感なんですね。

 

●平常心と向上心

 

音楽に限らず、
何かに向けて取り組むときのがんばりや、
いざ本番というときのテンションの上げ方なんかは
本を読んだりするよりも、実際に経験するのが一番です。

そういう意味では発表会というのは
最高に刺激的な学びの場。

平常心と向上心が入り交じる
本番の舞台を経験できる場なんです。

 

だからこそ、大小問わずいろんなステージを
経験してほしいなと思います。

上手下手ではなく、
一度の経験がきっとあとあと
血となり骨となってくるはずです。

そう信じています。

 

 

 

 

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!

詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆ゆびつめ注意!ちょっと工夫で安心ピアノ(30/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 発表会