1回の本番で得られるもの

   

vol.897

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日、ある本番がありました。
約30分位のお芝居仕立ての歌のステージで
少しだけお芝居をさせていただきました。

やっぱり本番に出るというのは刺激がありますね。

 

●100点はありません

 

歌のステージは満点だったと思います。
もともととても上手な団体なので、
安心して見ていられました。

お芝居パートで出させていただいたぼくはと言うと
やはり反省はたくさん。

まぁ、100点の本番って絶対ないと思うんです。
反省があるから伸び代があると思うんです。

だから反省があっても、それはそれでいいのかなと
思っています。

 

もちろん上手にできたところもありました。
褒めていただいたところもありました。

でもそこに安心せず、もうちょっと上を
目指していかなかなと思っています。

 

 

●本番って大事

 

やはり本番というのは絶対大事だと思うんです。

練習ばかりしていても絶対上手にはなりませんから。

 

たくさん練習することは
とても大切なことではありますが、
1回の本番の経験値に勝るものはないと思います。

 

だから平瀬楽器は本番の回数にこだわっています。
年間で結構たくさんの回数のステージを作っています。

たいていの方は発表会1回というのがほとんどですが、
それ以外にもたくさん出れるような場所を
もっともっと増やしていきたいなと思っています。

 

●ステージなんてとんでもない!?

 

たまーに大人の方で、

ステージにあがるなんてとんでもない!

とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

でも、それってほんとにもったいないと思います。

誰かの前で演奏することがすべての目的ではありませんが、
上手になるためにはそこを避けて通っていては
なかなかの遠回りになるんじゃないかなぁと思います。

 

1回の本番は100回の練習に勝る、
とまでは言いませんが、
どこかのタイミングで本番を経験されるのは
とてもいいことなんじゃないかなぁと思います。

 

自分も昨日の本番で結構反省だらけ。
凹むところもありました。

でもだからこそ次に向かって動けるのかなと
思っています。

ぜひ本番をやりましょう。
100点を取らなくてもいいじゃないですか。

練習した成果を持って、胸張って本番に臨みましょう!

 

 

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!

詳しくはこちらを
クリックしてください♪

 

2019年の動画(85本目標!)
◆2019/2/10 修了コンサートのご案内(2/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 発表会