ピアノが弾けないからエレクトーンをはじめた調律師の話

   

vol.896

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

どうやら調律師という仕事は
ピアノが弾けると思われがちではありますが、
ぼくはピアノは弾けません。

というかおそらく、世間の調律師のほとんど…
2/3くらいは弾けないんじゃないかな?

もちろん弾けたほうがいいのはわかっているんですが、
必ずしも弾ける必要は無いんですよね。

 

●でも…?

 

この話をするとをたいていこんな反応が返ってきます。

「そんなこと言って、少しは弾けるんでしょ?」って。

 

でも、最近こういう例えを
先輩の調律師から教えてもらいました。

 

飛行機でいうとパイロットがピアニストで
整備士が調律師。

整備士は飛行機のことよく知っていないとダメですが、
操縦できる必要はありません。

同じようにパイロットも飛行機のことを
よく知っている必要がありますが、
必ずしもメンテナンスができる必要は無い。

そういう関係なんです。

 

こんな風にお話しすると、
納得をしてくださる方が多いです。

 

 

ま、これはこれで良い話なのですが、
結局は言い訳ですよね(笑)

 

●弾けないからこそ

 

実は最近エレクトーンを始めました。
少しずつレッスンに通っています。

販売をしているくせに操作がわからない
っていうのと、
鍵盤楽器が弾けないというのが
ちょっとしたコンプレックスだったんですが、
少しでもそれを解消しようと一念発起しました。

 

お客様宅でさっきの整備士の話をした後に、
「でもね最近エレクトーンを始めたんです」と
お話をするとぐっと距離が縮まるのを感じます。

やはり皆さん少なからずレッスンで
苦労されてるんですよね。

まったく同じ思いとは言いませんが、
近い思いをすることで、見えてくる部分が
あるのかなあと思ったりしています。

 

●目標はピアノ

 

遠い日の目標は
もちろんピアノが弾けるようになることなのですが、
エレクトーンという外堀から攻めていって、
いつかピアノで何か1曲弾けるようになれればいいな
と思っています。

 

さぁ、いったいそんな日がいつ来るんでしょうか。
自分自身にもチャレンジですね。

今習っている方と同じ気持ちになって
楽器に向かいたいと思います。

 

 

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!

詳しくはこちらを
クリックしてください♪

 

2019年の動画(85本目標!)
◆2019/2/10 修了コンサートのご案内(2/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - ヒラセトモキのこと