並べて考えるのもおもしろいですよ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

先日、楽譜は言葉でそれぞれの文化があるから
おもしろい、的なことを書きました。

 

ちょうど昨日、ファッションについて少し考える
機会があって調べ物をしていたのですが、
これも同じだなぁと感じたんです。

 

●どんなものを着ていたの?

昨日調べていたのは、1870年代頃って
どんなものを着ていたのかなということでした。

 

当時の人たちは王朝の華やかな衣装が一般庶民まで
降りてきて、若干カジュアルではあるものの
少し華やかな衣装が流行ってきていたようです。

 

女の人のスカートはふわっと広がっていて
少しゴージャスな感じ。

男の人はちょっといい感じの燕尾服的な服を
着ているような写真をたくさん見つけました。

 

●知ること

 

その時代の背景を100%知る事は難しいのですが、
こういう時代の文化を知ることでその時代の人たちが
どういう生活をしていたのかなということを
伺い知ることができます。

 

と、同時にこの時代の音楽って
どういう音楽だったのかなということを考えると、
またそれも文化を知るきっかけの1つに
なるんじゃないでしょうか。

 

例えば1870年代は近現代の少し直前、
ロマン派の後期にあたります。

音楽的にいうと代表的な作曲家はドビッシー。

 

女性の広がったスカートとか、男性のちょっと
着飾った感じはドビュッシーの小洒落た音楽に
ぴったりかもしれません。

 

音楽はもともと王朝の娯楽でしたが、
時代とともに庶民のものになってきて
それがはっきりした時代、
そのような感じがしました。

 

●文化

 

楽譜は言葉。楽譜は文化。

音楽のことと同時に他の文化も並べて
一緒に見てみるといろんなものが
見えてくるかもしれません。

 

それが仮に間違った考察であったとしても、
考えるという行為自体が尊いと思うんです。

 

テレビを見ていてもいろいろな情報が
飛び込んできます。

その情報を鵜呑みにするのではなく、
一旦立ち止まって考えてみる。
並べて考えてみる。

そのようなことをすると、
もっともっと楽しく興味を持って
接することができるのではないでしょうか。

 

なんとなく調べた衣装から思いを馳せた
昨日の一瞬でした。

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 音楽について