小さな好奇心が何より大切

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

今でこそ鼻歌交じりでも行えるギターの弦交換ですが、

当然ながら最初はできるわけもありませんでした。

 

●ピアノの調律師

 

はじめはピアノの調律士の資格を持って入社した私は

ピアノの調律はできてもそれ以外の楽器のついては全くゼロ。

知識も技術もない状態でした。

 

お客様のお家に行きピアノを触らせていただくことは

できても、日々店に来られるお客様の楽器の

メンテナンスをすることはできませんでした。

 

よく勘違いされるのですが、

ピアノの調律師はあくまでもピアノの調律師であって、

楽器全般触れる人ではないんです。

 

ギターのクラフトマン(作る人)が

ピアノを作れるかというと作れないですよね。

それと一緒なんです。

 

なんとなく楽器は全般触れるんだという

イメージで見られることが多いんですが、

全く違うんです。

 

 

●ピアノ<ギター

 

で、日々の店番をしていると、ピアノの調律よりも

ギターのお客様の方がはるかに数が多いんです。

 

当然ギターの弦交換や、昨日のブログのような

糸巻きの交換のような作業が非常に多く

やってくるわけです。

 

しかしやったこともないし、やり方だってわかりません。

どこからどう手をつけていいのやらという状態でした。

 

 

そこで当時の店長やギターの講師に弦の巻き方を

教えてもらい、おぼつかない手つきで弦交換を始めたのが

最初でした。

指を弦で刺したことも数限りなくあります(笑)

 

 

何度か弦交換をやっていくと、

少しずつギターの構造を覚えていきます。

 

続いてやったのはギター関係の楽器やアクセサリを

扱っている卸元の商社に出向いていって

ギターのメンテナンスを教えてもらいました。

 

学生時代にハンダゴテとかちゃんと触ってなかったので

おっかなびっくりの作業でした。

 

こうやって次はエレキギターの修理を覚えました。

 

 

●無理といったら無理

 

こんなふうに私の場合は必要に繰られて

ではありましたが、少しずつ覚えていくことで

今では色々なことが出来るようになりました。

 

これはギターの弦交換や修理だけではなく

楽器の演奏でも同じなのではないでしょうか。

 

 

私には無理、不器用だから無理、

そんな事ないですよ、きっと。

 

1歩踏み出す勇気と少しの好奇心があれば

きっと解決できることの方が多いんじゃないかなと

思います。

 

ちょうどもうすぐ春。

新しいことにチャレンジするのにピッタリの季節が

やってきます。

無理と決める前にぜひ一度チャレンジ

してみてはいかがでしょうか。

 

当店でお手伝いできることは全力で

関わらせていただきますよ!

 

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 調律のこと, 楽器のお手入れ, ギター, 楽器のこと, 楽器修理