お稽古ごととして大切なことってなに?〜新レッスンリリース!〜

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

ピアノやエレクトーンのレッスンというと、

昔は”子供のお稽古ごと”という位置づけでした。

しかし今ではおとなの方が習うのが普通になっています。

でも、おとなの方は皆さん共通して忙しいのが

ネックなんですよねぇ。。。

 

●お稽古ごととして大切なこと

 

小さなお子さんのお稽古ごとって、

お稽古としてきちんと成立させようとすると、

どういった要素が必要かお分かりでしょうか?

 

専門性の高い講師や教育内容という点も

もちろん大切なのですが、

実は「定期的」というのも大切な要素なんです。

 

 

決まった曜日、決まった時間に習う。

家庭でも決まった時間練習(復習)をする。

こういうことの繰り返しで習慣づけを行い、

結果として新しい技術が身につくという

流れになるんです。

 

平瀬楽器でも

ピアニストの先生による特別レッスンを行っていますが、

そのレッスンだけでは絶対上手にはなれません。

あくまでも通常のレッスンがあっての

プラスアルファなんですよね。

 

 

●レッスンは楽しみ?

 

一方おとなの場合はどうかというと、

レッスンはお稽古というよりは趣味や楽しみに

近い存在になっているように感じます。

昔やっていたのでもう一度弾いてみたい、

弾けるようになりたい、

という思いが強いんですよね。

 

じゃあ、その思いを実現するために

子供さんと同じように定期的に通えるかというと、

これはお仕事の関係があってなかなか難しい

というのが現状です。

 

 

●わがまま聞きましょう!

 

そこで平瀬楽器では、ある程度融通を利かせた

おとなのためのレッスンをいくつか開講しています。

たとえば月に2回だけのコースであるとか、

5回や10回のチケット制のレッスンだとか。

 

とにかく通ってもらうというハードルを

下げることを意識した仕組みを作ってきました。

 

本当は定期的に通ってもらうほうが

絶対上達は早いんですけど、

まずはわがまま聞くところか始めましょうか、

という感じですね(笑)

 

 

●こんなレッスン始めます!

 

そんなおとなの方向けのレッスンの最終形態と

思われるものがようやく先日概要が固まり、

発表されました。

 

それは、たった3回のレッスンで、

しかも料金は格安。

3回で1曲を仕上げようという

超意欲的なプログラムです。

 

いきなりレッスンを始めるのは難しそうだけど、

ちょっとやってみたいという方向けの

3回連続のおためしレッスンという位置づけです。

 

 

正直、これなら手を出しやすいんじゃないかなと

思う形を詰め込みました。

きっと喜んでいただけるんじゃないかなぁと思います。

 

そんな新しいレッスン、

「エレクトーン・プレレッスン」がいよいよスタート。

 

ホームページも出来ましたので、ぜひご覧になってくださいね!

https://peraichi.com/landing_pages/view/2racm

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - エレクトーン, レッスンについて