ご存知ですか?プロデューサーと舞台監督

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

先日もちょろっと書きましたが、

「さんだ美人コンテスト」というイベントに

関わらせてもらっています。

 

先日からその美人コンテストの新しい動きが始まり、

いろんな形での告知活動を実行委員の方がされています。

その告知ブログの中でぼくの紹介文章を書いてくださいました。

 

 

●よくわからない?

 

イベントの中でぼくの立ち位置は「顧問」という

たいそうな肩書きをいただいているのですが、

実態はイベント当日の舞台進行を

やらせていただくことになってます。

実行委員長は「舞台監督」と表現してくださいました。

 

この舞台監督とかプロデューサーとか演出家とかいう

仕事の役割分担って、実は違いがよくわからないと

言われることが多いのですが、

彼女はすごくスマートに表現してくれています。

今日はそのブログを引用しつつ、

説明させてもらおうかなと思っています。

 

 

 

●舞台監督

 

「舞台監督」という職業は、みなさまも
お聞きになったことがあると思います。

通常「ブカン」とか「ブタカン」と呼ばれています。

ブタカンは現場進行には欠く事が出来ない

大切なポジションになります。

芝居であれ、コンサートであれ、

イベントであれ、ブタカンがいなければ進行しません。

 

舞台監督は現場進行をする仕事です。

芝居でもコンサートでも、とにかく

ステージに関わることであれば、ステージ脇には

必ずついていないといけない役職です。

 

 

●プロデューサー

 

そこでワタシは初めてプロデューサーの

役割を担っていることを知ったのです(笑)

 

イベントの場合、○○をしたい!と思った人、

言い出しっぺの人がプロデューサーと

いうことが多いです。

その人のイメージを形にするのが

イベントとしての成功の形。

 

たとえば照明や音響についても、その人の

頭の中を形にすることができれば正解です。

 

ゲームで言うと、

「こんな感じのゲームを作ろう!」と

いうのがプロデューサー、

実際のゲームを組み立てていくのはプログラマー、

音楽やパッケージ、広告宣伝などと

連携を取りながら仕事を進めていくのが

現場監督(実際には違う名称でしょうけど)と

いうことになります。

 

 

●思いを形に

 

「このシーンは、こうしたいんです。」 
「このプログラムは、こうなんです。」 
「全体はこんな感じにしたいのです。」 

そこにはワタシの意図が存在します。  

 
その意図を理解し、実現する為には

どうすれば良いのかを現場的に

判断するのがブタカンになります。

 

この表現がプロデューサーと舞台監督の役割を

一番わかりやすく表現してくれていると思います。

 

 

 

単なるピアノの発表会であったとしても、

そのステージには何かしらの意味が込められています。

 

プロデューサー的立場の方の思いを

どのように形にするのかが舞台監督の仕事。

 

この照明はどんな意味?

この導線はどういう意図?

この立ち位置は誰のため?

 

いろんなことに疑問を持ちながら

ステージを見てもらうのも面白いかもしれませんね。

 
 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベント屋