ここがすごい!と思うのです。ヤマハ音楽教室

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

今日は昨日の続き。

ヤマハ音楽教室のここがいい!ここがすごい!と

感じることを紹介します。

 

●音感

 

ここ数年ヤマハ音楽教室のキーワードとなっているのが

「音感教育」と「音育」。

ようは音感を鍛えているんですよ、ということを

アピールしています。

 

 

ピアノや楽器を演奏する上において、

良い耳というのは絶対に必要です。

 

特に管楽器やヴァイオリンなど

自分で音程を合わせる楽器にとって

音程の感覚は必須といえます。

 

しかしピアノなどの鍵盤楽器は、

鍵盤を押せば音が鳴るわけですから、

耳なんてそんなに必要ないように

思われがちです。

でも、そうじゃないんですよね。

 

 

●耳が良い

 

ヤマハの子たちは耳が良いんです。

テレビで流れた音楽をさらっと

鍵盤で弾くことが出来ます。

歌だってしっかりした音程で

歌うことが出来ます。

 

店頭でギターの調弦なんかを

していても、今鳴っている音が

何の音なのかを当てることが

出来るんです。

 

 

また、耳が良いのでコードを

つかみやすいんです。

いわゆる和音の間隔が身について

いますので、自分で作った曲に

コードを付けて演奏する

なんてことも出来るんです。

 

 

こういうのは普通のピアノの

レッスンだけを受けていても

身につく力ではありません。

 

長年培った耳を育てるための

カリキュラムが存在し、

レッスンの中で実践されるので

耳がいい子たちが育つんですよね。

 

 

●ピアノ?音楽?

 

「ヤマハに行ってても上手にならない」

なんてことを耳にすることがあります。

 

たしかに幼稚園からピアノだけを

ずっと練習してきている子どもは

ピアノの演奏に関しては非常に

長けていると思います。

コンクールに参加したとしても、

勝つのはこういった

ピアノばかりを練習してきている

子どもさんだと思います。

 

 

でも、それは当たり前の話なんです。

 

 

勘違いしてほしくないのですが、

ヤマハ音楽教室に通うとピアノが

上手になりますよとは誰も言っていません。

 

ヤマハ音楽教室ではピアノや

エレクトーンももちろん学びますが、

もっと根本的な音楽という部分を

学ぶ場なんです。

 

なので、ピアノのスキルは

ピアノばっかりしている子よりも

劣るかもしれません。

 

でもそれはある意味異種格闘技的な感じ

なんです。

同じ楽器を使ってはいるけれど、

違い種目をやっているというような

感じだと思ってください。

 

 

●音を楽しむ

 

ピアノが上手になりたいのでしたら

ピアノの個人レッスンを受けて

いってください。

で、コンクールなどで結果を

出していってください。

 

でも、音楽を楽しみたいのでしたら

ヤマハ音楽教室がおすすめです。

 

 

そのまままっすぐ育っていくと、

どちらがどう育っていくのでしょうか。

 

ピアノの前で本領を発揮するのも

ステキです。

でも、ピアノがなくても音楽が楽しめる

子どもたちが育つのもステキだと思いせんか?

 

 

ヤマハ音楽教室を身近に感じている

からこそ、ヤマハ音楽教室のすごいと

思うところを書かせてもらいました。

 

まだまだもっともっと魅力はあると

思うのですが、今日はここまで!(笑)

 

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - レッスンについて