場所を変えて!楽器を変えて!気分を変えて!

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

仕事をする場所って意識したことありますか?

 

 

●気持ちが変わる

 

仕事をする場所を変えてみると気分が変わって

効率がいい(かも)っていう話を聞かれたことが

ある方は少なくないと思います。

 

実際、昨日のぼくはそんな感じでした。

 

店番をしつつではありましたが、わりとタイトな

時間の中でもいくつかのやっつけたい仕事が

片付いたんです。

これは環境の変化と気分の変化による賜物です。

 

これと同じようなことが日々のレッスンでも

よく見受けられます。

 

 

 

●レッスン・弾きあい会

 

たとえばピアノの個人レッスンの場合、

基本的にレッスン中は小さな部屋で先生と二人っきり。

たまにピアノを変えたとしても大きく環境が

変わることはありません。

 

 

しかし平瀬楽器の講師の中には、発表会直前に

なったらレッスン以外の日程で全員の生徒さんを

集めて弾きあい会をする先生がいらっしゃいます。

 

いつもは先生と二人なのに、同じ曲を演奏するにしても

急にたくさんの目から見られることで

緊張もするでしょう。

同じ気持ちで臨めないかもしれません。

その上、同じくらいの年齢のあの子が自分よりも

とっても上手に弾けている!なんてのを

目の当たりにしちゃったら、気持ちの動揺もあるでしょう。

 

 

でも、そういった訓練や気持ちの変化を

起こすためにも環境を変えるって必要なことだと思うんです。

 

 

●コンクール前ですから

 

ちょうどいまはPTNAコンペティションの

シーズン真っ最中ということもあって、

当店のグランドピアノの部屋は大人気。

 

普段はアップライトピアノでレッスンを

している先生も本番前くらいはグランドピアノで

レッスンしよっか、ということになりますし、

意欲的な生徒さんは自宅のピアノではなく

大きなグランドピアノで練習をしたいと

レンタルをしに来られます。

 

そして同様に外部からもいろんな方が

グランドピアノの部屋をレンタルしに来られます。

 

 

藤原台センターには3台のグランドピアノが

ありますが、ここ最近はそのどれもが

ほぼ毎日ずーっと稼働しているような状況です。

 

 

 

●いろんな場所で!

 

フルートやトランペット、ヴァイオリンなどの

楽器の奏者の場合、自分の楽器を持ち歩くのが

当たり前ですが、ピアノは流石に持ち歩くことが出来ません。

 

「ピアニストはピアノを選べない」なんてことを

よく言われたりするのですが、ピアノを弾く人は

その場所にあるピアノを自分の手足のように

どれだけコントロールできるかというスキルも必要なんです。

 

 

なので、発表会やコンクールがある場合は

いろんな環境・いろんなピアノで練習されることを

オススメします。

 

 

一流ピアニストになればなるほどピアノの状態を

ものすごく気にされます。

 

 

どんなピアノでも鍵盤を押せば音が鳴るのは

一緒だから大丈夫!ではなく、このピアノは

どんな感じに鳴るのかなぁ?と興味を持って

いろんなピアノに触れてもらうのが、

本番直前の気持ちの勉強としてもオススメです。

 

ちょうどいい機械でもありますので、色んな場所で、

いろんな楽器で練習してみてくださいね!

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - レッスンについて, 教室の様子, ピアノのこと