音楽・保育系の受験をお考えの方へ(スピードが命ですよ!)

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

もうちょっとしたら夏休みですね。

この時期になると、毎年恒例のように訪れる、

ちょっと困ったご要望があるんです。

 

 

●受験

 

ご要望というのは受験対策です。

基本的に通常のメニューとして受験対策は行っています。

それが音楽高校であっても、音楽大学であっても、

保育系の大学であっても、その方面に得意な講師が

いますので、スタッフも講師も一緒になって

取り組むようにしています。

 

 

しかし、この時期のご要望の多くは「ちょっと困った」と

いう形容詞がついちゃうことが多いんです。

 

 

●クラブの引退

 

というのも、夏休み頃を境にして多くの

クラブ活動では中学3年生が引退をします。

 

クラブ活動を思いっきりがんばってきた子どもたちは、

きっと勉強もがんばれる子どもたちなのですが、

やっかいなのはこのタイミングで音楽系や保育系に

進みたいと言い出しちゃうことなんです。

 

 

もちろんそれなりに準備をしてきている

お子さんならなんとかなるかもしれませんが、

ピアノも弾いたことがないのにあと半年で受験なんです、

なんてことが無きにしもあらずなのです。

 

 

●間に合いますか?

 

音楽大学を受験したいので…と言ってきて

いただきたいタイミングというのがあります。

 

受験する学校によってレベルも様々ですが、

やっぱり受験まであと数ヶ月とか半年とかは

かなり厳しいんです。

理想を言えば高校1年生もしくは中学3年生の段階で

大学受験の準備を始めるのがベストだと思っています。

 

 

最近では保育系の大学で受験にピアノの実技がない

というところもあったりしますが、

結局学校に入ってからは必要になりますから

最低限準備しておかないといけないわけです。

 

音楽大学でも同じです。

ピアノは副課ではありますが、やっておかないと

絶対ダメなんです。

付け焼き刃でなんとかなるほど甘くはありません。

 

 

 

講師も関わらせていただくからには絶対に

合格させたいと強く思い、指導をしていきます。

でも、合格のためだけの勉強をしても仕方がないわけで。

 

 

たとえば上にも書きましたが、

一部の保育系の学校では受験にピアノが必要ない

ところもあります。

しかし学校に入ったら絶対必要ですし、

ましてや就職をしたら現場では確実に

弾かないといけないという現実が待っています。

 

受験だけをパスしたとしても、

それは何の意味もないんですよね。

 

 

 

●進路

 

 

わたしは普通の高校や大学に進学しましたが、

それほど早く進路を決めていたわけではありませんでした。

 

なので、いざこういった立場に立って考えてみると、

高校生の皆さんにそれほど早い進路決定を

求めるのはちょっと酷なのかなぁと思ったりもします。

 

しかし、意思決定が遅れたからという理由だけで

進学を諦めてしまうのは本当にもったいないんです。

 

なので、そういう進路をちょっとでも思われたのであれば、

とにかく早めにご相談ください。

 

絶対合格なんてことは口が裂けても言えませんが、

講師もスタッフも懸命に関わらせていただきます!

受験対策はとにかくお早めにお願いしますね。

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - レッスンについて