仕事のバショ・やりかた・効率

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は調律のアポイントメントを取っていました!

 

●店番の仕事

 

平瀬楽器は2つのお店があります。

ひとつは三田センター、もうひとつは

藤原台センター。
音楽教室と楽器店という業務はどちらのお店も

行っていて、パッと見た感じはよく似ていると

思うのですが、実は微妙に違います。

 

 

たとえば藤原台センターは

三田センターに比べて生徒さんが多いので

一日中レッスンレッスンでバタバタしている

感じなのに対し、

三田センターは藤原台センターでは扱わない

ような対行政や対公共施設に対する楽器修理や

設備の案件などの問い合わせが多いんです。

 

 

ひと目見ただけでは同じような楽器店の

店頭に映るかもしれませんが、

対象となるお客様や扱っている商品が

微妙に違うんですよね。

 

 

●調律のアポをとる

 

昨日はそんな藤原台センターに店番に

行っていました。

 

藤原台センターで行う仕事の中で、

個人的に一番多いのは、

実は調律のアポイントメントなんです。

 

藤原台センターではメーカーさんや問屋さん、

各種施設などからの問い合わせがほぼないので、

こちらからゆっくりお電話をかける仕事を

行うことが出来ます。

 

 

昨日も幾つかのお電話をさせていただき、

3件のお約束をさせていただきました。

これが三田センターだと、こんなに

すんなりは進まないと思います。

 

やっぱり仕事をする環境によって

結果は違ってくるんですよね。

 

 

●環境を変えると

 

昨日はある意味、同じようなお店から

同じようなお店へ自分の座る席を移動しただけ

なのですが、それでもすぐに結果ができました。

 

やっぱり環境を変えることでやりやすくなる

仕事・やりにくくなる仕事があるんだと思います。

 

 

調律つながりで言うならば、アポイントメント

以外にも調律名簿の整理作業も藤原台センターで

よく行っています。

 

これも結局同じで、邪魔されにくいから集中して

作業ができるってことなんだと思います。

 

だったら藤原台センターで仕事をすれば

いいやんと思ってらっしゃる方、正解~!(笑)

 

 

いや、でもね、三田センターには

日々色々な楽器の修理が持ち込まれています。

 

今も、大太鼓、小太鼓、ピアニカなどなど、

たくさんの楽器をお預かりしています。

これらもなるべく早い段階できっちり修理を

終えて使ってもらいたいんです。

 

そのためには三田センターに技術者が

常駐しておく必要があります。

 

なかなかそこの両立は一人では

出来ないわけです。

だって身体一つですもんね!(笑)

 

 

●仕事の場所を変える

 

とはいえ、こんな風に仕事の場所を変える

ことで仕事の中身までころっと変わって

しまうのは面白い発見でした。

 

仕事という大きな枠の中では同じこと

なんでしょうけど、出てくる成果が

仕事をする環境によって異なるわけですから、

成果の方に注目をして、

場所を選んで仕事をすることができれば、

もっともっといろんな成果が出せるのかも、

と思ったりしました。

 

ま、思っただけで、なかなかうまくは

行かないとは思いますけどね!(笑)

 

 

少しだけ仕事の取り組み方のヒントに

なった気がした昨日の店番でした。

 

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 調律のこと, ヒラセトモキのこと