いまやキャンセル待ち!?やさしい音色が魅力のオカリナ体験レッスンについて

      2016/08/24

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

いきなりちょっと余談なのですが…

 

Googleの画像検索って使いますか?

このブログを立ち上げてからは結構使うことが多いんです。

ちょっとした写真とかを探すのに便利で、よく使わせてもらっています。

 

で、今日はオカリナのお話を書こうと思いまして、ちょっと雰囲気のいい写真はないものかと検索ボックスにオカリナと打ち込んで検索してみたところ…
025

 

ほしいオカリナの写真は全く出てこず、別のオカリナで埋め尽くされるという自体になってしまってました。あー、びっくりした(笑)

 

 

気を取り直して…

 

で、オカリナです(笑)

026

 

ご存知ですよね、この楽器。

素朴で優しい音色が特徴の楽器。

陶器でできているので、ひとつひとつの製品に多少のばらつきがあります。

プラスティック製のオカリナはどれも同じなんですけど、やっぱり陶器のものは工場で作っていたとしてもばらつきがあります。このばらつきというのが楽器っぽくていいんですよね。

あと、これはオカリナだけの大きな大きな特徴なのですが、落としたら割れます(汗)

 

だったらプラスティック製が一番いいやん!って思われるかもしれませんが、いやいややはり陶器製が絶対いいんです。音色も、持った感じも、これがいいんですよね。

 

どんな人の楽器?

 

そんなオカリナ。比較的身近な楽器だとは思いますが、「趣味はオカリナです」なんて言っている方ってあまり見ませんよね?

学校の部活動でオカリナクラブってのも聞いたことがありません。

じゃあ、いったいどういう人が演奏しているのでしょうか?

 

いや、ぶっちゃけよくわからないのですが(わからんのかーい!)、実際には男女問わず幅広い年齢層の方に愛されている楽器なんです。

 

当店でもオカリナのレッスンを行っておりますが、ミドルエイジの方からシルバー世代の方まで、色々な年齢の方が楽しく学ばれています。

このオカリナのレッスンがジワジワ人気になっていまして、当店の藤原台センターではキャンセル待ちのような感じになってしまっています。

 

これはなんとかせねばいけないだろうという先生とスタッフの努力のおかげで、ようやく空き日程とレッスン室の確保ができました。

ただ、こちらも本当に短いお時間しか取れませんでしたので(先生が演奏活動で売れっ子なんですよね。先生のインタビューとかはまた後日やってみます。。。)、オカリナのグループレッスンという形で開講できればと考えております。

027

 

グループレッスンと個人レッスン

 

グループレッスンの良さはなんといっても楽しめることです。

通常ピアノや管弦楽器のレッスンは先生と一対一の形で行われます。

レッスン時間の30分なら30分、60分なら60分をただひたすら楽器と向き合わないといけないんです。

(ま、それがレッスンなんですけどね。)

 

でも、グループレッスンであれば、他の人と演奏を合わせるアンサンブル(合奏)や、レッスンの合間のおしゃべりなど、結構楽しいことだらけです。

 

オカリナはソロで演奏する楽器ではありますが、アンサンブルの楽しみも同時に味わえるのは超お得かなと思います。

 

個人レッスンとグループレッスンではレッスンに対するアプローチも進め方も全然変わってきますが、それぞれの良さがあります。

オカリナをやってみたいなぁとお考えの方は、ぜひ一度体験レッスンを受けられてみてはいかがでしょうか?

今回は体験用のオカリナもご用意しています!(落としても大丈夫なようにプラスティック製です!)

オカリナ、楽しいですよ!

 

 

☆体験レッスンに関する詳細な情報とお申し込み方法はこちらのサイトからどうぞ!

http://wp.me/p3InWS-1Jm

 

 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - レッスンについて