事件はスタジオで起きている?!〜そんな事件に対応するためのスタジオ講座、開催します!

      2017/02/09

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

いろんな人が使うスタジオという場所はトラブルが起こりがちです。
それが特に公共の施設であればなおさらです。なんといっても三田の公共スタジオはスタッフのみなさんがめちゃめちゃやさしいんですよね。
なのでちょっとしたことでもまぁまぁまぁで済ませてしまうところがあります。

そんないい雰囲気の中使ってきたスタジオですが、やはり問題が頻発し、根本的な解決策をしなくちゃいけないねということでスタジオ講座という企画が動き始めました。今日はその続きの話です。

 

企画の趣旨

 

会場スタッフさんからのご依頼は、機材の使い方がわかっていない子たちが多いようなので、一つ一つ機材の使い方を教えてあげて欲しいというものでした。

もちろんアンプ1つとっても使い方わからずに使うことで壊してしまう事につながるかもしれません。ただ、機械の使い方だけを伝えるような講座をしてもいまいち面白くないかなということで、一般的なスタジオの使い方と、そしてひいてはライブなどで実際に使える知識を身に付けてもらおうということで現在のスタジオ講座の形がほぼ決まりました。

 

内容としては、まず最も基本的なマイクの知識や取り扱い方。そしてマイクスタンドの正しい立て方など、知ってるようで知らない事をきちんと伝えるということからはじめました。

そして実際に1番使うであろうケーブル類の知識。

楽器に使うケーブルって結構いろいろあるんですが、その正式名称や使い道をきちんと理解している人っていうのは意外に少なかったりするんです。
これもちょうどいい機会ですのでクイズ形式にしたりして、知ってもらったりしています。

そして大切なアンプやミキサーの基礎知識と使い方、最後にドラムのお手入れ方法や取り扱い方法等をお伝えしています。

 

これが基本的な大枠でして、時間がある場合はケーブルの巻き方を教えたりとか、舞台図面の書き方やライブの際での注意事項などもお話ししたりしています。

 

音は出しません

 

「スタジオ講座」と聞くと実際にアンプを使って音を出すものだと思って楽器を持ってこられたりするのですが、基本的に楽器は全く触りません(笑)

ひたすら座学の90〜120分です。

まぁ退屈かもしれませんが、絶対必要な知識ですので身に付けていただきたいなぁと思いこちらも手を変え品を変えがんばって継続させてもらっております。

 

その中で必ずお伝えしていることがスタジオを使う際の心構えです。

自分の楽器だったら丁寧に使うんでしょ?だったらみんなの楽器でも丁寧に使おうよ。

要するにこのスタジオ講座全体を通して言いたいことって、実際にはたったこれだけのことなんです。このことを伝えるために他の予備知識を詰め込んだりとかクイズやったりとかしているんです(笑)

 

今月もあります!

 

そんなスタジオ講座が今月、2月25日に開催されます。

今回は講座の後にライブが入っている特別バージョンで、基礎知識+ライブのセッティングというのもやってみようと思っています。

もちろんある程度知識がある方が楽しめるかと思いますが、初心者の方でも大歓迎。参加無料ですので、どんなことやってるのかなあ〜と見に来ていただくのもありがたいです。

一流のミュージシャンって、楽器をものすごく大切にします。じゃあなんでアマチュアが楽器を大切にしないなんてことがあるんでしょうか。

上手になるためには基本こそが大事。こういう機会を通じて少しずつですけど訴え続けていきたいなと思っています。

 

 

 

 

☆ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室 春の無料体験レッスン実施中!☆

平瀬楽器の体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器のこと