ZOOMもいいけどリアルもね!

   

vol.1975

平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

昨日はある勉強会に参加してきました。

もうすっかり慣れっこですが、
往復で2時間の移動ってまぁまぁやなぁと
思いつつ。

でも、やっぱり時間をかけて移動した分、
意味があったなぁとしみじみ感じた次第です。

 

 

ここ数年はコロナの影響もあり、
ZOOMの利用が格段に増えました。

会議はもちろん勉強会や
営業マンのプレゼンも。

昨日もたまたま日中に
東京方面の某社さんから
ZOOMでのプレゼンを受けていました。

資料の共有もできるし、
お互い移動せずに済むし、
便利な世の中になったなぁって
感じですよね。

 

 

ただ一方で、
その一回一回の価値が
下がってしまったのではないかと
思うこともあります。

 

実は今週も参加予定していた
ZOOMでのセミナーがあったのですが、
直前にバタバタしてしまい
結局不参加に終わってしまいました。

まぁええか!で終わっちゃうんですよね。

 

これは気持ちの持ちようかも
しれませんが、
機会が増えた分だけ、
一回一回が軽くなってしまっている
のでは?と思うフシもあります。

 

 

そんな中、
昨夜は某勉強会に参加しました。

電車の降り間違いとかもあったりと
トラブルはあったものの無事到着し、
勉強会では色々とお話を伺うことが
できました。

 

ZOOM参加者もいたのですが、
やっぱり若干の温度差は感じます。

現地に行って直接お話を伺えて
正解だったなぁと思った次第です。

 

学びと距離は比例する、
なんてコトバがありますが、

これって人と関わる大切さと、
その人に会うために自発的に動くことの重要性を
言ってるんでしょうね、きっと。

 

この時代ですから
何でもかんでもリアルが大事!とは
言いませんが、

やっぱりリアルもちゃんと
意味があるなぁと思った
昨日の出来事でした。

 

 

 


平瀬楽器では現在ヤマハ音楽教室入会スペシャルキャンペーンを実施中!
詳しくはこちらのリンクをご覧ください!

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務・コンサートの配信業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。2013年からYouTube、2021年からはtiktokもスタート。2021年配信専門部門「HG動画配信サービス」を立ち上げる。

 - 考えていること