電気は血液と同じ、らしい

   

vol.1589

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 
 

とあるスタジオのメンテナンスに
毎月伺っています。

 

去年の今頃から始まった
コロナのおかげで、

そのスタジオの使用頻度は
がくんと下がりました。

もともとそれほど稼働率が
高くなかったので、
本当に少なくなってしまいました。

 

昨日そのメンテナンスの日
だったのですが、

伺ってみると、
先月伺ったときに
ついでに見てと言われた
アコギがそのままの状態で
置いてありました。

 

そうです。
おそらく1ヵ月の間、
誰もその部屋に入っていない状態
だったんです。

仕方がないとは言っても
悲しいですよね。

 

●血液

 

スタジオに置いてある機材は
ほとんどが電気を通すものです。

そういった機材にとって
電気って血液と同じようなもの
といいますので、
電気を通さないと
壊れてしまいます。

 

 

今はもうだいぶ落ち着きましたが、
コロナになってまだまだ
動きが取れないという人が
多くいらっしゃると思います。

「だってコロナだもん」と
言ってしまえばそれで済みますもんね。

 

 

でもそれではやっぱり
何も前に進まないわけで。

止まっていても良い事は
ないわけで。

 

機械だって電源を入れないと
いつか壊れてしまいます。

人間だって動かないと
楽器の腕も落ちますし
身体能力も落ちていくんじゃないかな
と思うんですよね。

 

 

なので、
動けない状態であっても
電源を入れましょう。

動くように努力しましょう。

 

今は思いっきり動けないかも
しれませんが、
いざ動ける時になって
きちんと動き出せるように
しておくことが大事かなぁ
と思うんですよね。

 

スタジオの機材大丈夫かなぁ。。

 


 


【2021年春の無料体験レッスンスケジュールが発表されました!】

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■気になる新商品を開封&レビューライブ!

 

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務・コンサートの配信業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。2021年配信専門部門「Echo動画配信サービス」を立ち上げる。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器のこと, 考えていること