歓喜の歌が中止に!?

      2020/10/14

 

vol.1498

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 

昨夜Twitterを眺めていると、
センセーショナルなニュースが
目に入ってきました。

中国共産党がベートーベンの
「歓喜の歌」を禁止。
国内外に波紋!

というものです。

 

●クラシックは別だと思っていた

 

ふだん政治の事は
あまり口にしないように
しているのですが、
これにはちょっと驚きました。

 

確かに共産党の国では
思想の統一が必要ですので、

見てはいけないものや
読んではいけないものがある

というのは当たり前なのかなと
思います。

当然ですが音楽も然り。

 

一時中国では日本語の歌が
全く聞けない・流せない時代も
あったと聞きます。

しかしクラシックはまた別だと
思っていました。

 

●宗教音楽

 

今回この「歓喜の歌」が
排除された理由は、

この曲が宗教音楽だと
認定されたかららしいです。

 

確かにクラシック音楽は
キリスト教の教会での音楽が源です。

すべてのクラシック音楽は
宗教音楽と言えるでしょう。

 

しかし音楽はその時代やその国の
文化そのものだと思います。

ヨーロッパの音楽を否定する
という事は、

ヨーロッパの文化を否定する
ということになってしまわないかな
と思ったりもします。

 

●生誕250年

 

特に今年はベートーヴェンの
生誕250周年の記念の年。

コロナの影響でおまつり騒ぎこそ
ないものの、
本来はものすごくたくさんの
ベートーヴェン関連のイベントが
行われたのではないかと思います。

このタイミングで「歓喜の歌」が
禁止というのはセンセーショナルですよね~。

 

●方向転換に期待

 

中国は優秀なクラシック演奏家を
たくさん排出している国です。

世界で活躍している演奏家も
たくさんいます。

 

そんな人々を生み出した国なのに
こういう判断って
ちょっともったいないなと思うわけです。

 

おそらく世界中から色々な反応が
ありますので、
何かしら変更があるかと思うのですが、
ちょっと悲しいですよね。

 

大きな方向転換があるのを
期待しています。

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■山中淳史&前北恵美 デュオ・コンサート〜タファネルを讃えて〜 (2020年10月18日 世良美術館)コンサート告知動画

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 音楽について