べちゃべちゃな音

   

 

vol.1477

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 

「ちょっとね、音がべちゃべちゃしたんですよ」

「え?べちゃべちゃ?」

「いやいや、えっと、べちゃべちゃといっても
湿気がどうのこうのという感じではなくて
音色の話でして…」

 

●べちゃべちゃ

 

これ、先日調律に伺った先のお客様との
会話です。

音質とか音色とかを表現する方法って
人によってそれぞれ様々です。

この「べちゃべちゃ」という表現が
ベターかどうかはわかりませんが、
このときはそんなふうに感じたんですよね。

 

ただ、この感覚というのはお客様には
伝わらない(伝わりにくい)ものですので、
それをそのまま口にしたのはまずかったな
と反省しています。

 

もっともっと分かりやすい言葉で
伝えるって大事なことですよね。

 

●UFOキャッチャー

 

当店で特別レッスンをしていただいている
赤松先生という方がいらっしゃいます。

この赤松先生のレッスンを覗いていると
この表現がすごく巧みなことに気づきます。

 

「ほら、ゲームセンターでクレーンのゲーム
あるでしょ?UFOキャッチャー。
あれでウィーンってぬいぐるみをとってきて
最後にポトンと落とすやん。あーゆーイメージ」

 

およそピアノのレッスンでは使われない
キーワードで、
しかも子供にとって分かりやすい言葉で
説明をされます。

楽しいUFOキャッチャーをイメージした
子供はそれだけでニコニコ。

 

こういう瞬間を垣間見ると、
やはり言葉のチョイスって大切だなぁと
感じるんです。

 

ほんとに上手に使われる人の言葉は
とてもわかりやすい。
独りよがりになっていない。
伝わりやすい。

そういうのが理想ですよね。

 

そういう意味では、お客様にお話しした
「べちゃべちゃ」というキーワードは
ちょっとまずかったかなーと思ってます。

もっともっと良い表現を考えて
お伝えできるようにしていきたいなと
思います。

キーワード増やさなきゃね。

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■配信コンサート終了直後のアフタートーク



 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 調律のこと