練習は真面目に。が正しいのかな?

   

おまたせしました!6月1日よりレッスン再開します!

ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室の生徒さんむけご案内はこちら

ミュージックアミィの生徒さんむけご案内はこちら


vol.1383

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 

昨日は友人がやってる居酒屋さんに
足を運びました。

あ、飲みに行ったんじゃなくて
仕事の打ち合わせですよ。
ほんとですよ(笑)

 

●ウクレレの練習

 

打ち合わせもひととおり終わり、
ダラダラとしゃべっていると、

お客さんもいなかったということもあり
友人が最近お気に入りの
ウクレレを持ってきて練習をしだしました。

店の壁にぶら下げているテレビに
YouTubeを映して
ウクレレのチャンネルを
どんどんザッピングしていきます。

 

その中で知っている曲があったら
画面を見ながらコードを練習をしていく
というのをひたすら繰り返していました。

 

ぼくからしたら
正直あまり練習にはなっていない
ように思えるんですが、
本人は非常に楽しそう。

もしかするとこういうのって
大事なのかもなぁと思いました。

 

 

●練習は真面目にするもの?

 

練習って真面目に取り組まないといけない
と思ってしまっている音楽畑の人がいます。

もちろんそれは間違いではないです。

 

しかし一方で、
もっともっとライトな層が存在します。

 

その人たちは真面目に練習する
というよりは、
楽しんで練習する方が重要なんですよね。

 

昨日の友人がやってた
YouTubeを見ながら練習する
なんてのはその最たる例だと思います。

 

 

教則本もどんどん軽い感じになり、
YouTubeでも練習が出来るような
教材がたくさん転がっている現在、

練習というとレッスンに通うのが
全てではありません。

 

まずは自分が楽しんで行うことが
すごーく大事なことなんだな
っていうのを改めて感じさせてもらった
瞬間でした。

 

まずは楽しむ。

で、どこかの壁にぶち当たったら
誰かに教えを請う。
レッスンに通う。

まずは音楽の裾野を広げることが重要です。

 

こういう楽しみ方ももっともっと
広がっていければいいですね。

 


 

2020年春の無料体験レッスンスケジュール発表!いよいよご予約受付開始です!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■え?アルコール除菌、使っちゃだめなの?!

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務・コンサートの配信業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。2013年からYouTube、2021年からはtiktokもスタート。2021年配信専門部門「HG動画配信サービス」を立ち上げる。

 - 練習について, 楽器のこと, 音楽について