「セット」じゃなくてなんという?

   

vol.1272

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

今日のお昼はマクドナルド。
ハンバーガーとポテトとドリンクがセットに
なっているものをオーダーしました。

いろんなメニューがあると悩んじゃいますけど、
こういうセットって楽チンだしありがたいですよね。

 

実は楽器にもこのようなセットがよくあるのですが、
楽器によって微妙に呼び方が違うのはご存知でした?

 

●初心者セット

 

ギターやトランペットなんかの
人気の高い楽器は、
大抵初心者者セット的なものが
楽器店の店頭で売られていたりします。

 

ギターの場合は楽器本体にケース、
クロス、ポリッシュ、交換用の弦、
ピック、チューナーや教則本なんかも
セットになっていて、

買って帰ったらすぐに使えるように
なっています。

 

 

トランペットも
楽器本体にマウスピース、
ケースにお手入れ品など
一式ついているものがポピュラー。

これも最初からいきなり使えるように
なっているので便利ですよね。

 

●ヴァイオリンの場合

 

ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器の場合も
他の楽器と同じで、
初心者セットの用なものがあります。

 

楽器本体と弓、ケース、顎あて、
肩あて、松脂などがセットに
なっているものです。

 

しかしギターやトランペットと違うのは
「セット」と呼ばず「アウトフィット」と
呼ばれることなんです。

 

このアウトフィット、
辞書で調べてみると
このように書かれていました。

 

アウトフィット

(特定の目的のための)服装ひとそろい、したく品、
用品一式、(仕事に従事する)一団、一行、団体、(軍の)部隊

 

ファッション業界でも、
上から下までのコーディネイトや
アクセサリーなどを「アウトフィット」と
表現したりすることがあるようですね。

 

 

要するにセットと同じ意味なんですが
「アウトフィット」という方が
ちょっとお洒落な感じがしませんか?

 

「ヴァイオリンセット」や「チェロセット」
っていうよりも、

ヴァイオリンのアウトフィット、
チェロのアウトフィットっていう方が
響きがおしゃれですよね。

これは弦楽器だけに与えられた
特権なんです(笑)

 

 

いつかの動画でもとりあげましたが、
楽器によってこのように表現方法が
変わるものが結構あります。

もちろん知らなくても何も問題はないのですが、
知っているともっと音楽を楽器を
楽しめると思います。

音楽や楽器に興味がある方は
ぜひ少し高い視線から見てみてください。

きっとおもしろいものが
1つや2つ見つかると思いますよ!

 


 

2020年春の無料体験レッスンスケジュール発表!いよいよご予約受付開始です!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

[21]コメント返し動画をやってみた~いつもコメントありがとうございます~

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器のこと