その仕事、科学的?長期的?

   

vol.1251

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

数年前から通ってるMG研修は
表向き数字の勉強なのですが、

数字だけでなく色々な大切なことを学びます。
というか、自然と学ばせてくれる場なんです。

 

●STLoWS

 

研修で色々と書いてきたメモを
まとめているevernoteのページがありまして、
それをたまにチラチラ眺めているのですが、
今さっき見ていてふと目に止まったのが
STLoWSというコトバ。

 

 

これは仕事に対する考え方をまとめたもので、

科学的に考えられているか、

視野は広く持てているか、

長いスパンで考えられているか、

バランス感覚はどうなのか、

などなどのチェックポイントを
教えてくれています。

 

 

で、今日はぼくが担当している
調律という仕事を
これに当てはめて考えてみました。

 

 

●科学的?

 

調律という仕事は
一般的には職人的な仕事だと
思われがちです。

事実その側面もあります。

 

でも、実際にはかなり科学的。

たとえば鍵盤の動きはテコの原理
そのものです。

調律の仕組みだって科学や数学を
無視して出来ません。

その他のアクション部分も
しっかり考えて作ってあるから、
知識がある人であれば
誰でも修理ができるんですよね。

それは科学的!

 

また、ピアノという楽器は1年や2年で
壊れる楽器ではありません。

ご家庭に設置してから5年、10年、20年という
長いスパンで、いい状態を保てるように
していく必要があります。

電子楽器とは違うロングスパンな考え方も
調律師ならではなのかなと思います。

 

 

そして、調律だけじゃなく、
修理や調整も含めて
ピアノ全体を見なければいけない
視野の広さが必要なのも同じですね。

 

まさに考え方としてはSTLoWSに
ぴったりかなと思います。

 

 

●誰が作ったんだろう?

 

昨日、修理でお預かりした
ピアノのアクションを持って
お客様宅をお邪魔しました。

 

内部の清掃をしていると
傍らに置いていたアクションを
しげしげと見ながら
お客様がこんなことを一言。

「こんなの、誰が作ったんだろう…?」

 

やはりきちんとした思想のもとに
作られたものは人を魅了するのでしょうか。

 

最初に作られてから現代まで
それほど大きな変化が加えられることなく、
ピアノという楽器は進化してきました。

 

調律師もピアノの大切なところは守りつつ、
今後も大切にしたい目線だけは
忘れずに関わっていきたいですね。

 

 


 

2020年春の無料体験レッスンスケジュール発表!いよいよご予約受付開始です!

 

 

兵庫三田ピアノアカデミー

第7期生 修了コンサート


 

日 時:2020年2月9日(日)13:30開演
会 場:神戸市立北神区民センター
ありまホール
入場料:1,000円

 

全国各地から集まった生徒さんによる一年間の成果披露コンサートです。

どんなコンサート?と気になった方は、こちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

[12]これでピアノの音量を変える!?〜ピアノの屋根の効果的な開け方について〜

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - MG研修, ピアノのこと