発表会のお花、いつ渡すのがベターなの?

   

vol.1154

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

 

おはようございます!

 

発表会やコンサートの時に
お花を持って行ったことありませんか?

あのお花、どういうタイミングで
渡すべきものなのか、迷ったことありませんか?

 

●お花

 

お子さんやお友達が一生懸命に
練習の成果を披露する発表会。

何かしらの形でねぎらいたいというのは
誰もが思うことです。

その労いにぴったりなのが花束。

もちろん花束というと女性のイメージが
強いでしょうけど、
男性だってもらって嬉しくないわけはありません。

どんなお花を選んだらいいのか、
どれくらいの予算がいいのか、
それは買いによって様々なので
一概には言えません。

ただ、渡すタイミングというのは
確実に存在するんです。

 

●ベターなタイミング

 

ピアノの発表会の場合、
演奏者に花束を渡す一番いいタイミングは
演奏終了後にお辞儀をして
舞台袖に戻るまでの間です。

そのタイミングで舞台の下から
花束を差し出して渡してあげてください。

あ、でも、舞台には上がらないように
してくださいね。
たまにいらっしゃるんですけどね(笑)

 

ただ、そこそこ大きなホールであったとしても、
演奏終了後から舞台袖までの時間は
あっという間です。

なるべく素早く渡せるように
あらかじめ準備をしておくことをオススメします。

 

また、会場によっては花束を包んでいる
セロファンのカサカサ音がNGの場合もあります。
その際は受付に預ける形になると思いますので、
入場時にスタッフの方に尋ねてみてください。

 

●絶対やっちゃいけないこと

 

発表会はソロのリサイタルではありません。
当然他の出演者もいらっしゃいます。

ねぎらいたい気持ちはとてもよくわかるのですが、
花束を渡す時に長い声かけは絶対にNGです。

 

また、アイススケートのように
客席から投げ込むのも
他のお客様の迷惑になりますので禁止です。

 

花束以外のプレゼントを渡されることもありますが、
大きすぎるものや重いものは
奏者の負担になりますので
その場でのお渡しは控えたほうがいいかなと思います。

 

発表会と一言でいってもいろんなルールが
存在します。

せっかくの発表会ですから、
ルールを守って気持ちよく演奏を楽しみ、
そして大いにねぎらってあげてくださいね!

 

 

—-

 

いまはじめなきゃ絶対損!?

なんと初月の月謝が無料になっちゃう超スペシャルなキャンペーンを実施中!

あこがれていた楽器を始めるチャンス到来!気になった方は、まずはこちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆ケンハモの音程について(110/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - コンサート, 発表会