間違っていても指摘しない方がいい?

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今週は平瀬楽器は夏期休業中です。
いつもは日々の出来事をブログでご紹介したりしていますが
今日は先週伺ったことをご紹介します!

みんな音楽大好き

2~3か月前からピアノのレッスンをスタートされた
小学1年の女の子がいらっしゃいます。

そのお子さまのご両親と私は数十年来のお付き合いをさせて
いただいておりますので、彼女が生まれたときもよく存じております。

 

しかも数年前からご主人のお姉さま(おばさま)と
お母さま(おばーちゃま)も教室にレッスンにお越しいただいているので
家族の皆さんとお付き合いをさせていただいている状態です。
お子さまが小学生になる前からおばーちゃまは「そろそろ(女の子に)
ピアノ習わせなさいよ」と声をかけてくださっていたようです。

 

 

もちろんご両親も音楽が大好きです。お子さんにも習わせたいという
気持ちはあったのですが、本人がやる気にならなければと考え
様子を見ていたそうです。

 

 

そしてようやく3か月ほど前から女の子もその気になって、自分から習いたいと
おっしゃったそうで、当店にレッスンに通い始めてくださいました。

間違ってるところ、そのままでもいいの?

先週、おばーちゃまがご自身のレッスン終わってから私に声をかけて
くださいました。

 

「おかげさまでピアノが楽しい!と孫が言っております。ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。」

 

でもお孫さんへの対応に少し困っていらっしゃるようでした。

「私に教えてくれるんです。習ってきたことを。・・・・でも指が
間違っていたりするのはどうしたらいいんでしょう。違うんじゃない?と
言ったら機嫌が悪くなりますし・・・・。」

 

これは習いたてのお子さんによくあることです。

 

「多少間違っていてもそこは先生にお任せしておくのが一番ですよ。
むしろ習ってきたことをおばーちゃまに教えることでさらに上達しますので
わからないふりをしてあげてください。」

とアドバイスしました。

 

 

もう少し大きくなるとお孫さん自身も周りが見えてきます。
それまではピアノを弾けるようになっていくことが楽しく
誇らしいことだと思えるように見守ってあげてほしいですね。

ご家族の態度で子どもたちのやる気はどんどん上がります。
うまく褒めてあげてくださいね!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 練習について, レッスンについて