仕事はアンサンブルなんだ

   

vol.1071

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日はスタッフの面接を行いました。

 

●仕事のやり方

 

仕事のやり方は人それぞれです。

そのやり方に対して良いとか悪いとかはありません。

ただし、会社には会社の考え方というのがあります。
そこがちょっとだけ気になったので、
面接の中で注意をさせてもらいました。

 

自分の仕事ができていればよいというのは
NGだと思います。
例えば5人のスタッフで動いている店があります。

それってピアノのソロ奏者が5人いて、
各自が勝手に演奏をしているわけではなく、
5人でアンサンブルをやっている現場なわけです。

アンサンブルですから、
自分の楽譜だけきちんと演奏できていればいい、
というわけではありませんよね。

 

お互いがお互いのことを理解し、
歩み寄って演奏するからこそきちっとした演奏ができる。

その演奏を聴いて感動するお客様が現れるわけです。

 

自分の楽譜だけきちんと出来ているからいいや、
っていうのはおかしなことだと思うんです。

 

●仕事も同じ

 

演奏も仕事も同じだと思います。

チームでの仕事は自分だけ良ければいい
というのは通用しません。

 

みんなでやることに意味がある。

そう思っています。

 

だからこそ経営指針書の一番最初には
平瀬楽器のロゴに描かれたトライアングルの
意味が書かれています。

 

 

ロゴのトライアングルは三方良しを意味します。

 

売り手よし、買い手よし、社会よしの三方良しに加え、

生徒(保護者)よし、講師よし、スタッフ(会社)よしの
ふたつの三方よしが平瀬楽器には存在します。

 

 

いい音が鳴るトライアングルって、
太い棒でバランスのいい三角形になっているのが
条件なんです。

 

そうあるために、この三方良しのバランスが
常にいいものでなくてはいけない。

 

どこかのポイントだけがイビツになっても
いけないと思っています。

 

そのためには何をしなければいけないか。

そのためには何を守らなければいけないか。

 

いい曲を奏でるためには何をすべきか。

 

それを大切に、
ずっとずっと考えていきたいなと思っています。

 

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

ピアノ解体ショー今年も開催します!申込み受付中で~す!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆調律師って力は必要なの?(77/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 経営指針