弾かせるだけが練習ではありませんね。

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

先日の休日に姪っ子のピアノの練習にお付き合いしました。

好きなところはやる気満々

私が帰宅したところ、ちょうど姪っ子がおばあちゃんとと
練習をやり始めたタイミングでした。

最近レッスンに付き添っていないのでどんな曲を弾いているのかも
わからなかったので少し離れたところから練習の様子を見ていました。
「この曲ちゃんと弾けるもん」と言いながら練習していたのですが
最初に練習し始めた曲はとても上手にすらすら弾いていたので
「すらすらできたね~♪」と声をかけると満面の笑顔。

 

さて次の曲を弾き始めると、練習に付き添っている祖母はピアノが
弾けますので「そこ間違っているよ。もう一回やってみて!」と。

するとしばらくしていろいろ注意されるのが嫌になったらしく
「けいこちゃんと練習する!」と言い出しておばあちゃんを
追い出してしまいました。

 

任された私はちょっと戸惑いながら「では弾いてくださ~い」と
言いながら横に付き添いました。

ト音記号の楽譜は音の高さもわかるようになってきたらしく
片手だけの曲は比較的すらすらできていました。

苦手な曲は・・・

途中でちょっと苦手な曲が出てきたようで何度か「もう一回弾いて」と
いうと嫌になってしまったようです。

「お散歩いこう!」と言い出し練習は終わりモードになってしまいました。
でも宿題のメモにはこの曲だけ何回練習したか数えてきましょう
書かれていました。きっとここできちんと練習が必要な曲なんでしょうね。

 

姪っ子はさっさと椅子から降りて練習おわりにしようとしています。

 

どうしたらもう一回ピアノに向かってくれるかな~とちょっと考えて
「もう練習おわり?じゃあこの曲大好きだから私が練習しよーっと」
といって私が弾き始めました。

 

すると自分で弾くのは嫌だったようですが困っている私を見かねて
「ららら~」と歌って教えてくれました。

しかも間違えて弾くと「指が違うよ。こっち!」と言いながら・・・。
まるで先生のように指の位置まで教えてくれました。

 

 

その様子を見て、ちゃんとわかっているけどうまくできないから
嫌だったんだな~と思いました。

 

 

後日レッスン中の様子をきくとちょっと苦手だったその曲も
すらすら弾いていたようです。

 

 

人に教えたら自分でもできるようになっていたってことでしょうか。
ただ弾かせるだけではないこんなやり方も時にはいいかもしれませんね。
ぜひご参考にしてください。

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 子育て, 練習について