鑑賞マナーと楽しむ気持ち

   

vol.981

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は子供から楽しめるオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を
見にいかせてもらいました。

発表会やその他のことが重なってしまっていた
こともあって、これは行けないかなぁと
諦めていたのですが、

もともとつながりの濃い方々が
たくさん関わっている舞台ということと、

0歳の子供でも参加できるという仕組みを
知りたいなということ、

そして早々にチケットが完売になった
その人気の秘密を知ってみたいということで
発表会を少し抜け出し鑑賞させてもらいました。

 

●子供はいつもの様子

 

開演前にホールに到着し、1番後ろの隅っこの席で
小さく座り、舞台と客席を一緒に見ながら
鑑賞させてもらいました。

当然ですが客席はお子さんがいっぱい。

おしゃべりもしていますし、ガサガサもしています。
いつも様子という感じです。
でも、みんな舞台を楽しみにしてる雰囲気でした。

 

●魔女が!

 

ヘンゼルとグレーテルが見つけたお菓子の家。
そこから魔女が出てきた瞬間のことです。

舞台の照明が暗くなり、
少しおどろおどろしい音楽がかかり、
舞台立てられたお菓子の家から魔女が出てきました。

その瞬間、前のほうにいたお子さんが

「こわいーーー!!!」

と大きめの声でアピール。

ちょうどその怖がり方が良いスパイスになって
舞台も客席も和やかな雰囲気になったように感じます。

 

●気にするときとそうじゃないとき

 

日頃ピアノの発表会等の場合、
お子さんの喋り声やガサガサしてる音は
かなり気にする方です。

でも、このオペラのように
逆に良いスパイスになったりすることもあるんですね。

それはきっと鑑賞する側の心持ち
なのかなと思います。

鑑賞のマナーはもちろん大切ですが、
時と場合によってはそれに目くじら立てる必要は
無いのかなと思います。

許される環境であれば一緒に楽しんであげる。

その中で教えていってあげることができれば
最高ですよね。

 

生の演奏、生の歌、そして生の舞台。
これらの贅沢な空間を小さな子供たちに見せると
いうのとはかなり大きな意味があることなんだろうな
というのを感じました。

 

当店でも過去に0歳児向けのコンサートを
やっていましたが、
またああいった企画をやりたいなと思った次第です。

 

 

ちなみに帰宅後知ったのですが、
魔女が出てきて

「こわいーーー!!!」

と叫んだお子さん、うちの甥っ子でした。

決して仕込んだわけではありませんが、
ナイス甥っ子!(笑)

 

 

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!

詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆チェロとピアノ、姉妹の店頭ミニコンサートその1「アシタカ聶記」(37/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベントレポート