いろんな発表会があります

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は以前から親しくさせてもらっている
ピアノの先生の発表会に行ってきました。

現場に伺うと色んな発見があるもんですねー。

 

 

発見その① 舞台の飾り

 

 

我々にとってピアノ発表会というのは、
ステージにピアノ1台もしくはエレクトーンとピアノというのが
ポピュラーな感じです。

しかし昨日の発表会ではクリスマスツリーが置いてあったり
舞台のいろいろなところにカラフルな風船が置いてあったりと
とてもラブリーな飾りが施されていました。

こういうことをすると、客席から見ていても楽しい感じですよね。
やはりこういった配慮というのはとても大事なのかな。

 

シンプルな舞台もそれはそれで素敵なんですが、
こういうのもいいですよね。

 

 

発見その② リハーサル

 

その②はリハーサル。

平瀬楽器の発表会は、基本的にリハーサルはありません。
しかし昨日の発表会は、最初のあいさつからフィナーレまで
きっちりリハーサルをされていました。

もちろんそれを行うためには生徒さんの
時間調整も大変ですし、
先生も朝からずっとバタバタ走り回って
らっしゃって大変そうだったのですが、
そうすることで出演者の満足度が上がるんでしょうね。

これは見習わないといけないなと思いました。

 

発見その③ 集合写真

 

昨日の発表会では出演された親御さんも
全員一緒の写真に収めたいということで、
写真屋さんがまるで修学旅行で訪れる
観光地で使うような台を持ってこられていました。

 

全部で3段の。1番目上はかなり細く、かなり高いです。

正直横から見ていて怖いな〜と思ったのですが、
それぐらいの人数が収まる写真ですので
仕方がなかったのかなと思います。

 

あれぐらいの大きな台を舞台に持ち込まれているのを
見るのは初めてで、これもなかなか面白いなと思いました。

 

もともと他の発表会に行くことが少ないのですが、
行けば新たな発見があります。

また時間を見つけていろんな発表会に顔出しさせて
もらうのもいいのかもな、と思いました。

 

先生、生徒さん、ご家族の皆さん、お疲れ様でした!

 

 

 

平瀬楽器のLINEに登録してください♪
楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回お届け!


PCでご覧の方はこちらを
クリックしてください♪
The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 発表会