方言でもいいやん!褒めて育てよう!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

お子さんにどんな言葉を使っていますか?

めっちゃ関西弁やん!

ふと気がつくと甥っ子や姪っ子が
「なにしとんねん(笑)!」「なんでやねん」
と突っ込みをしている時があります。

 

うわーめっちゃ関西弁やん!と
突っ込みを入れたくなります。

 

よくよく周りの大人の話す言葉を聞いていると
「はよ、しーやー(早くしなさい)」
「なにしとん?」
という会話をしています。

 

やっぱり周りの大人の話す言葉がそのまま
子どもたちの言葉遣いになっているなと気づき、
もう少し丁寧な言葉遣いをしなければいけないのかなと
反省してしまいました。

ポジティブな言葉

たしかに関西弁は他の地域の人からすると多少乱暴な
言葉遣いに聞こえるようです。

教室でグループレッスンを指導している先生はレッスン中
基本的には標準語を使われます。でもレッスン前後の
会話の端々に出る関西弁は先生を身近に感じられる
要素の一つでもあります。

 

そして関西弁をわかる人同士だと多少汚い言葉に感じられる
表現も愛情が詰まった言葉として受け止めてもらえます。

実は「よくできたね~」といわれるよりも
うちの子どもたちは「それめっちゃいいやん!」
「よーやってるな~えらいえらい!」
と褒められる方が喜んでいるようにも感じます。

 

 

もちろん関西弁に限っているわけではありませんが
飾らない、かしこまらない言葉で素直に
褒めれば、子どもたちはその気になるし、
やる気も100倍になるんですよね。

 

「何してんの!はよしー!」ではなくて
「○○分までにこれやってな!頼むよ!」って
言おうと思います。

 

方言でも標準語でも「褒める」ことに違いは
ありません。どんどん褒めて伸ばしましょう!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 自分のこと, 子育て