忙しくても腕前キープ

   

初心者のための音楽サービス専門店平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日は面白そうなテキストを見つけたので
ご紹介します。

忙しくて続けられなかった

中学生、高校生になると、いえ、その少し前の
小学生高学年でピアノをやめてしまう方が
いらっしゃいます。
もちろん理由は人によって様々。

 

受験勉強に力を入れるので、とか
続けられると思っていたけれど
思ったより部活や勉強で忙しいから、
曲が難しくなってやる気が・・・など

 
確かに上記のような理由でピアノを弾かなくなって
しまったという方は世の中にかなり沢山いらっしゃいます。

 

今通っていただいているお子さんの保護者の方からは
(小学生の頃はそこそこ頑張っていたんだけど)
今ではもう全然弾けませんとおっしゃるのを受付でも
よく耳にします。

それを聞くたびにそれはもったいないですね~とお話を
するのですが、本当にもったいないと思います。

 
やはりおとなになってもピアノを弾くことが楽しめている方は
中学生、高校生くらいまではほそぼそとでもレッスンを
続けていた方だと思います。

気軽に続けるため

とは言っても本当に最近は学生さんはとても忙しいと
聞きます。今後どうしようかと悩んでいらっしゃる方も
多いでしょうね。

 

教室でもレッスン回数を減らしたり、レッスンに来たときに
練習する形をとったりと工夫されています。

 

今回見つけたテキストは「ピアノを気軽に続けたい方」
のために作られたものでした

短い時間に少しだけポイントをおさえて練習に取り組めるように
腕前をキープするために短いエチュードのみでまとめていると説明にありました。

 

テキストの裏面は薬箱の注意書きのように
使用上の注意が表現されていて笑いを誘います。↓

 

ウイットに富んだ各ページの説明は眺めている
だけでも楽しくなってしまいます。

 

ぜひぜひ一度ご覧になってみてください。

そしてピアノの腕前をキープしてください。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 楽譜のこと