三河屋さんになりたい

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

一昨日待望のベヒシュタインが教室に搬入されました!
1日おいた昨夜、調律をしに行ったのですが、
そこにはおもしろい光景が広がっていました。

 

●めずらしさ

 

そもそもグランドピアノが1台入っていた教室に
もう1台グランドピアノが入っているという時点で
物珍しいのですが、

しかもそのピアノがヤマハやカワイなどの
国産メーカーではなく、ヨーロッパのピアノと
いうことで、生徒さんのお母様方が
非常に興味を持たれているご様子。

調律をしている間も外から覗いたり、
教室の中に入ってこられたり(笑)

 

昨日は時間もあったので、
このピアノはこんな感じのピアノなんですよ
という説明をしたり、
ついでにじゃあこんなこと聞いていいかしら、と
アップライトピアノの譜面台についての質問を
受けたりとか、なかなか楽しいひとときでした。

 

よく考えてみれば、調律に伺った時は
そんな話をするものの、
生徒さんや生徒さんの保護者の方々と
そういうお話をすることって
ほとんどないんですよね。

でもピアノを前にすると、そういう機会は
自然と増えてくるわけで。

こういうのってとても大事だなと思いました。

 

●啓蒙活動は気軽に

 

ピアノに対する理解を深めてもらうために
という名目でこれまでセミナーを企画したり
してきました。

しかし、そんなセミナーなんていう
肩肘張ったものではなく、
もっともっとフランクにピアノを間に挟んで
いろんなお話ができる場を作っていくというのも
必要かなと感じました。

 

●よくご存知なんだけど

 

ピアノという楽器はみなさんよくご存知では
あるのですが、わからないことだらけな
楽器でもあります。

 

車のことで不安があれば車屋さんに
相談に行かれます。

テレビの不調があればすぐに修理の
依頼をされます。

でもピアノの場合は意外とそのまま放置
してて、わからないまま過ぎ去って
しまうことが多いんじゃないかなと
思うんですよね。

 

昨日はたまたま高級なピアノが間に入っただけで、
それは別にピアノに限る必要はありません。
ウクレレでも太鼓でも何でもいいと思うんです。

 

サザエさんの三河屋さんでは無いですが、
もっともっと身近に楽器屋さんという存在が
あって、ピアノやその他の楽器のことが
何でも相談できるような、そういう立ち位置に
なれたらいいな、と。ならなくちゃいけないなと
感じた昨夜の立ち話でした。

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと, 楽器のこと