そのチラシ、誰に見てもらいたいですか?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

仕事柄いろんなチラシを見ます。

コンサートや講演会、スポーツイベントなんかの
チラシもたまにあります。

しかしちょっとよくわからないなぁという
チラシも多かったりするんですよね。

 

●あるイベントのチラシ

 

うちの近所のNPO法人の事務所の壁に
貼ってあるチラシ。

「〇〇お笑いライブ」と大きく書いてあって、
おそらくその出演者の方であろう人の写真が
写っている、シンプルでかっこいいチラシです。

 

主催者はどこかのNPO法人。
会場も福祉関係の会場です。

これだけの情報しか書いていないので、
ぼくの中ではおそらく福祉関係の
イベントなんだろうなぁという意識が働き、
そういう目で見てしまいます。

が、ポスターに書いてあるのはお笑いライブ。

でも、残念ながらその出演者の方を
存じ上げませんし、どんなお笑いが見れるのか、
そこに行けばどれぐらい楽しいのかが
全く伝わってこないんです。

これってチラシとしてはNGですよね。

 

●伝わらないチラシ

 

このチラシだけではなく、
結構他にもこういうものが多いです。

最低限押さえておかないといけない
日時や場所や入場料金、出演者の情報などは
網羅されているのですが、

もっと大事な
このイベントに行けば
どんないいことがあるのか、
どんなご利益があるのか、
というのはあまり書いてなかったりします。

 

もう一つ言うと、
どういう人に来て欲しいかが書いてある
チラシなんかは皆無に等しいです。

 

●誰に見てほしいですか?

 

イベントを行う際にお話しするのは
そのイベントの対象者は誰ですか?と言うこと。

これをきっちりと説明できるような
チラシを作っておくと、
お客様もいらんことを考えずに
じゃあ行こうかと言えるわけなんです。

 

一度本屋さんに行って平積みされている本を
見てみてください。

売れている本の多くには表紙に帯が付いていて
どんな人に読んで欲しいのか、
どんないいことが書いてあるのかが
簡単にまとめてあると思います。

あの帯の部分の情報って
すごく大事なんですよね。

チラシを作る際はこういうことをに気をつけて
作っていっていただければ、
もっともっと効率の良い集客が
できるようになるのではないかなーと
思います。

ぜひ参考になさってくださいね。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベント開催ノウハウ