台風とレッスンと思い出と

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

台風が来ているらしいですね。
今年は本当に当たり年です。いやです。

 

●台風

 

先だっての台風でも、駐車場のフェンスが倒れました。
雨漏りもしますし、ほんとに大変。

できればなにもないのがベストですよね。

でも、台風は放っておいてもやってきます。

今回も無事に何もなく過ぎ去って
もらえたらなと思っています。

 

 

●レッスン

 

警報が出た際の平瀬楽器のレッスンの
対応は割と明確です。

警報が出ている間は、
18歳以下の生徒さんは休講。

大人の方は講師の判断で、ということに
なっています。

 

 

都会の楽器店だったら、
音楽教室は学校じゃないんだから
警報でも何でもレッスンはやる!って
いうところもあります。

 

でもね、無理をしてレッスンに通うっていうのは
どうかなって思うんです。

もし大好きなレッスンに通う道すがらに
大雨や強風で怪我をしちゃったりしたら、
レッスンへの思いが変わってしまわないかなぁ
と思うんです。

せっかくだったら行き帰りの道のりも、
スタッフとの何でもない会話とか、
レッスンの中身も全部含めて
レッスンに通っている楽しさを
感じてもらえたらなぁと思っています。

それが大事なことなんじゃないかなぁ
と思っています。

 

●レッスンだけじゃない

 

レッスンの楽しさって、
レッスンの質だけではないと思うんです。

質ももちろん大切ですが、
レッスン前後の関わりこそが
重要なんじゃないかなと思うんです。

逆に言うと、
平瀬楽器としてはそこにこそ重点を
置いて置きたいと思っています。

 

先生のレッスンが質が高いのは当たり前。

そこにプラスして色んなお話をすることで、
挨拶ができたり、
ありがとうって言えたりする
関わりが生まれることが何よりも大切だと思うんです。

 

だから、
警報のときに無理してレッスンをする
必要はないと思っています。

それがキッカケでレッスン自体が
悲しい思い出になってほしくないから。

だから、明日は
ゆっくり休んでいてくださいね。

で、めっちゃ天気のいいときに、
いい気分でレッスンに通ってくださいね!

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 考えていること