鍵盤楽器のダメな選び方

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

子供さんがピアノを習い始め、
そろそろ楽器が必要だということで
何か鍵盤楽器を買おうか~と思われるタイミング
というのは、そんなに遅い時期にはやって来ません。

その思い立ったタイミングで悪い楽器選び方を
今日はお教えします。

あ、くれぐれも悪い方法ですからご注意くださいね。

 

 

1.何でも良いからとにかく買っちゃう

鍵盤楽器と一言でいっても
アップライトピアノ・グランドピアノ・エレクトーン
キーボード・シンセサイザー・鍵盤ハーモニカなど
色々な種類があります。

いま子供さんが習われている楽器はなんですか?

ピアノを習っているのにシンセサイザーを
与えてしまっても全く意味がありませんし、
エレクトーンを習っているのにキーボードを
与えてしまっては練習にはなりません。

柔道やってるのに、剣道の道具を渡すのと
一緒ですよね。

「鍵盤楽器」という大きなくくりではありますが
実は全く違う楽器なんです。これはご注意ください。

 

 

2.1番良い楽器を買っちゃう

とりあえず有名なメーカーの有名な楽器の
シリーズで、1番いいのを選んでおけば
問題ないだろうという選び方をされる方も
いらっしゃいます。

基本的には問題は無いとは思うのですが、
でも初心者の方に大きなグランドピアノを与えても
良い音が鳴らせない可能性が高かったりしますし、
エレクトーンを習い始めて間もない子供に
先生が弾くような大きなエレクトーンを与えても
使いこなせないまま時間がたち、知らない間に
シリーズが入れ替わってしまった、なんてことも
考えられます。

 

やはりその弾く人のレベルに合わせた楽器が
必要なんです。

何でもいいからいいものを与えるというのは
一見合理的なようですが、実はあまり意味が
ない可能性が高いんですよね。

 

楽器の選び方は非常に難しい問題です。

鍵盤楽器以外の管楽器や弦楽器でも
そのタイミングよっていい選択肢というのがきまってきます。

選び方が分からない部分はぜひ
客観的にご相談を承れる楽器屋さんにご相談くださいね。
もちろん平瀬楽器も大歓迎です!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと, 楽器のこと