ステージは生物です

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日は発表会・オータムコンサートでした。

 

●鍵盤じゃない

 

いつもはどうしてもピアノやエレクトーン等の
鍵盤楽器やお子さんが中心になる発表会なのですが、
この秋のコンサートだけは特別バージョン。

管弦楽器やおとなの方が中心になる発表会なんです。

 

クラリネット・オーボエ・ギター、弾き語りなど
いつもはなかなか見ることができない楽器や
演奏形態での発表は非常に興味深く、
皆さんができる精一杯の演奏を
披露してくださいました。

 

年代的にはおとなの方が中心になる
コンサートですのでステージの様子もいろいろ。

もちろんうまくいってホッと一息の方も
いらっしゃいますし、ちょっといまいちだった方も
いらっしゃったのかと思います。

 

発表の出来不出来はいろいろあるかと思うのですが、
そんなことよりもステージの上で
誰かの前で演奏することの大切さというのを
1人でも多くの人に感じていただければと思います。

 

●ウッド調の良いホール

 

昨日お世話になったのは
兵庫県立有馬富士公園パークセンターの
多目的ホール。

全体を木材で囲まれた非常に響きの良い
ウッド調のホールです。

ここは年に何度も何度も使わせていただいている
なじみのホールですので、こちらも使い方を
よく知っているつもりです。

でも、よく知っているつもりなのに昨日は昨日で
新たな発見がありました。

例えば、ステージ上のどこの位置に立った時に
どんな響きがするか、というのは
いつも気にして聞いているつもりなのですが、
昨日は特に管楽器の演奏が多かったために
なるほどなぁと感じることがたくさんありました。

 

 

●ステージは生物

 

ステージは生物なんていいますが、
本当にそのとおり。

その時々の奏者のパフォーマンスによっても
変わってきますし、聞く人の人数や姿勢によっても
違ってきます。

 

発表会は二度と同じものができません。

 

一人ひとりの出演者生徒さんが心に残る発表会を
作っていくためにも、
我々がもっとステージのことを知って、
作っていくことを意識しないといけないなぁ
というのを痛感した発表会でした。

 

 

出演いただいた皆さん、そしてご指導いただいた先生
そして色々な意味でサポートいただいた
ご家族の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 発表会