理想の姿あくまでも理想の姿

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店

平瀬楽器のヒラセトモキです。

 

今日はNHK巡回ラジオ体操の本番の日でした。

ラジオ体操のスタートは皆さんよくご存知の通り6:30から。本番が6:30開始という事という事は、リハーサルは何時からやっているかといいますと6:00から。6:00〜6:30が公開リハーサルなんです。ご存知でした?

ただ、その前に諸々の準備があります。例えば音声さんの準備。先生が立たれる舞台の準備。そしてピアノの準備。

楽器本体は前日に搬入してますので早朝から汗をかく必要はないのですが調律だけは逃れられないわけなんです。そうなんです。なぜかラジオ体操は生のピアノなんですよね。

で、屋外のイベントということもあって、実は雨天会場の設定というのもあります。その会場の決定という儀式が4:00。

というわけで、我々調律師は4:00現場に伺って場所を確認した上でそこにあるピアノ調律するという謎の修行のようなお仕事をさせていただくのがラジオ体操のお仕事なのです。

まぁ、全国区のお仕事ですし、今日の話によると地球の裏側まで配信されてるらしいですし、基本的になかなかこんな機会は無いのですが、個人的にはなんと15年ぶり2度目の機会。どこかの力士の優勝回数みたいな感じですね(笑)

ラジオ体操といってもなにをしているかというと、単にラジオ体操をしているだけなんです。でも、放送を終えてから行われたボーナストラック的なイベントがとても良かったんです。

それは、ラジオ体操のワンポイントアドバイス。

ここの腕の伸ばし方はこんな風に、とか。みんなこうなりがちなのでここのところを注意したほうがいいよ、とか。

遠くの方でぼんやり聴きながら、とってもいいなーと思ってました。

そこにはなんでそれをするのか、が固まってたからなんです。

ラジオ体操といえば、誰でもできる国民的踊りです。でも、踊りじゃなくて体操にするには思想がいるわけで。それが、今日のワンポイントアドバイスにはたくさん散りばめられてました。

こういう思いって言わなきゃ伝わらないし、伝えるための形って必要なんですよね。

ラジオ体操くらいメジャーなことでもそうなってるんだから、仕事のことだと伝わらなくてあたりまえ。

仕事の中のワンポイントアドバイスをどうやって作っていくか、という宿題ができましたね。

どうやって腕を伸ばすか、どうやって笑顔を作るか。

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 未分類