いざ発表会!そのときピアノは??

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

今日は発表会。
長く続いた大雨も一段落し、発表会が
開催できているのが本当に嬉しいです。

 

●ピアノの状態

 

歴史的な雨量、甚大な被害、なんていわれたこの大雨。
当然ですが今日発表会を行っているホールにも
少なからず影響があります。

 

なんといっても一番大きいのはピアノに対しての影響。

雨漏りしているわけでもないですし、
窓や扉を開け放していたわけでもないのですが、
ホール内(特に舞台)の湿度はめちゃめちゃ高い状態です。

当然そんなところで弾かれるピアノは
朝の調律も合いづらく、楽器の鳴りも
いつもよりもずいぶん押さえられた感じに
なってしまっています。

 

いつもならもっともーっと鳴るはずのCFXが
今日はおとなしい雰囲気。

ま、それは仕方ないですよね。機構の影響ですし。

 

●位置

 

でもこういう時に、

「今日は湿気の影響で鳴らないんです」

「これはこれで仕方ありませんねぇ〜」

なんて言わないのが敏腕調律師のいいところ。

 

今日の調律師さんはピアノの位置を
いつもより少し前(客席側)にセッティングしたんです。

そうするとどうなると思いますか?

 

答えは簡単。

いつもよりも音が客席側に飛びやすくなるんです。

 

 

もちろん鍵盤の動きがちょっと悪いとか、
高音の響きがものたりないとか
そういう諸々の問題はあると思います。

でも、発表会という一つのイベントを通して見たときに
一番ベターな選択をしてくださったんだと思います。

 

●ヒトの問題

 

これは雨とかは関係ないのですが、
発表会やコンサートなど、人前で演奏する際に
忘れがちなのがヒトの問題。

 

ヒトの問題と言っても人手不足とか
そういうのではなく、お客さんが入ることで
音が飛びにくくなる状態のこと。

 

これは、音を吸い込んでしまう洋服や髪の毛が
原因なのですが、
これもあらかじめ予測して音質や音量を
作っておくことができれば、いざ本番というときに
ベターなものをお客様にお届けできるわけなんです。

 

発表会だから舞台にピアノがあれば
それでOKというわけではありません。

実は出来る限り最高のシチュエーションで
お届けすることを考えて作られたステージなんだ
ということを知った上であがってもらえればと思います。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 調律のこと, ピアノのこと, 発表会