Fのコードを押さえるには

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日の話なんですが、
芝居の稽古場にうちの嫁さまがついてきてくれまして
衣装担当の人といろいろ細かい打ち合わせをしてくれました。

おかげでずっとずっと悩んでいた衣装問題に
目処が降りそうな感じになってきました。

やっぱりた得意な人に頼むというのが得策なんですよね。

 

●プロ

 

やっぱりどんな道でもプロというものが存在します。

プロというのはこれまで時間をかけてきて
その技術や知識を身に付けてきた人の事です。

当然何も知らない素人よりはいろんなことを
知ってる人・できる人たちになります。

 

レッスンでも楽器の手入れでも同じなのですが、
考えたってできないものはできないんです。

でも、プロの助けを得ることで加速することがあります。

 

●独学で出来る楽器?

 

「ギターなんてレッスンで習う楽器じゃなくて、
独学で練習してやる楽器だ」

なんてことを言われる方って比較的多いです。

でもそうやって1人でがんばろうとする人の多くは
Fのコードが押さえられず断念するっていうパターンが
非常に多いんですね。

 

ギターって人口は多いものの、きちんと演奏できる
人が少ないというのは、
このあたりも問題があるんじゃないかなと思います。

 

そうやったらFのコードが押さえられるようになるのか。

これは根性論で何度も何度も練習すれば
できるようになるというものではありません。

やはりそれなりのコツと言うものがあって
そのコツを教えてもらうとすんなりとその壁を
越えることができるんですよね。

 

みんながみんなもれなく行き詰まる
その壁をスルーできるので、こういうことができれば
きっといろんなもののスピードが速くなるんじゃ
ないかなと思うんです。

 

●衣装も

 

嫁さんに助けてもらった衣装もそうです。

レッスンのこともそう。

楽器の手入れもそう。

 

得意な人に尋ねてみる。

 

そこから始めてみれば、きっと最短ルートが
見えるんじゃないかなと思います。

 

聞くは一時の恥、聞かぬのは一生の恥、なんて言いますが、
やっぱりトライすることって大事だと思いますよ。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 未分類