顧問○○○の安心さ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日、知り合いの会計士さんが
こんなことをおっしゃってました。

 

●ニコニコ

 

「今日、ちょっとしたことで知り合いの
弁護士さんに相談の電話をしてたんだけど、
聞いてもらうだけで安心ってするんだよね~。

日頃は聞く側・相談を受ける側なんだけど、
お客さんの感じていることがよくわかったよ。」

 

なんでも、その弁護士さんの事務所の
スローガンは、

暗い顔して来てもニコニコして帰る弁護士事務所

なんですって。

なんか、いいですよね。

 

 

●相談できるだけで

 

一人で考えていてもわからないことって
少なくないと思うんです。

特に専門分野になればなるほど
わからないことが多いし、
そもそも考えたってわからないし。

 

そういうときに相談できる人や
答えが出なかったとしても聞いてくれる人が
いるといないのとでは全然気持ちが
違うんでしょうね。

これは仕事だけじゃなく、
他のいろんなことでも一緒なんじゃ
ないかなと思います。

 

●セカンドオピニオン

 

先日の話です。

店にこんな電話がありました。

 

・他店で調律をしている

・修理の提案があったけど、
これって本当に必要な修理なのか、
適正な金額なのかわかならい

 

お医者さんでいう
セカンドオピニオン的なご相談でした。

 

幸いにしてお近くの方でしたので、
ピアノの状態を見に行かせてもらい、
いろいろとお話をさせていただきました。

 

どのような判断をされるかはお客様次第ですが、
少しは安心していただけたのかな、と思います。

 

 

●顧問的立場

 

顧問弁護士とか顧問税理士とかいうワードは
よく聞きますよね。

でも、顧問調律師とか
顧問音楽教室アドバイザーってのは
聞いたことがありません。

 

これからはきっとそういう立場の人も
必要なのかもしれないなぁと思います。

 

顧問契約こそ存在しませんが、
今回のセカンドオピニオン的お客様の
ようにいろんなご相談は随時お受けします。

相談するのに勇気なんか必要ありません。

相談するだけで気が楽になることだって
たくさんあると思います。

 

一人で悩まれる前にご相談くださいね!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 調律のこと, レッスンについて