初めての発表会って心配!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

来月、再来月もピアノやエレクトーンの発表会が予定されています。

教室でのお子さんの様子

先日保護者の方が発表会費をお支払いにお越しいただきました。

まだ習い始めて数か月~1年という小学生のお子さんですが
私たちがレッスン前後にお話をするととてもしっかりしています。

受け答えも敬語がきちんと使えているので
小学生低学年なのにすごいな~といつも思います。

 

保護者の方はお仕事をされているので普段のレッスンには
お子さん一人で通っていただいているようです。
ですからあまりお話しする機会がありませんでした。

 

いいタイミングでしたのでお越しいただいた際に
いつもとてもしっかり受け答えしてくれて感心しています。
とお伝えしました。

保護者の方は「え~そうなんですか。家ではいつもグダグダ
フニャフニャしているのに(笑)」とおっしゃっていました。

 

どっちかというと外ではしっかり、家では甘えん坊という
感じなんでしょうね。

さてそんな会話をきっかけに保護者の方がいくつかご質問や
不安なことを確認されました。

初めての発表会

今回初めて発表会に参加ですが、本当に大丈夫なんでしょうか。
家で練習しているのを聴くと不安に思います。こんなレベルで
発表会に出ていいものなのですか?
とおっしゃいました。

 

私たちも実際レッスンで発表会の曲がどの程度進んでいるのか
わかりません。でも発表会まであと1か月半強くらいあります。
まだまだこれからスラスラと演奏できるようになってきますよ。
それに同じくらいのレベルの生徒さんも他に数名いらっしゃるので
安心してください。とお伝えしました。

 

確かに初めての発表会はこんなレベルでいいのと
保護者の方は不安に思われる方もあるかと思います。

でも考えてみれば数か月前まではピアノを弾くことが
できなかったお子さんが両手でしっかり弾ける、リズ
ムを正確にできているなど大きく成長しているのです。

 

 

そしてそれをみんなに聴いてもらうために一人で舞台に
上がるのです。
そんな晴れの姿を心配そうな顔ではなく嬉しい気持ちで
送り、見守ってあげてほしいと思います。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 発表会