小さなほころびがきっかけで

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます。

 

いやー、昨日はちょっと、いや、かーなーりビビっちゃいましたよ。
こんなの久しぶりでした(笑)

 

●ケンハモクリーニング

 

昨日の夜、ちょっと遠方から届いた
鍵盤ハーモニカのクリーニングを
やっていたときのことです。

 

少々古い機種で、ボディの外し方が
現行のものと違ったんです。

もちろんこれまでにも触ったことありますし、
知らない機種ではありません。

 

いつもの調子でバラして、クリーニングを行い、
ちゃんと音が出るか最終チェックをしてみたところ…

 

 

 

 

音、出ないやん(汗)

 

 

しかも息が漏れてるような音がしてるし(汗)

 

 

でも、見た目はちゃんと出来ているように
見えるんです。

 

あれ?って感じでした。

 

 

●しっかりと

 

鍵盤ハーモニカという楽器は、
鍵盤こそついていますが中身はハーモニカと一緒。

リードと呼ばれる薄い金属の板を
空気の圧力で揺らすことで音を出しています。

 

ですので、
空気が漏れると流れが変わって
音が出にくくなったり
場合によっては出なくなったりします。

 

そういうことにならないように、
クリーニング後のネジ締めはいつも以上に
きっちり気を遣ってやっています。

そうすることで息漏れがなくなって、
かえって吹きやすくなるんですよね。

 

 

昨日の場合も同じように、
口でギュッギュッなんて言いながら
ねじを強く締めていたにもかかわらず、
なぜか見落としが生じていた、なーんていう
恥ずかしいことになってしまっていました。

 

最近はめっきりこういったミスが
少なくなっていたので、正直ビビりました(汗)

 

 

●ケアレスミス

 

今回のミスは単なる見落としです。

本当に大したことのないミスでした。

 

でも、これに気づかずに
ざっとしたチェックのままお返しすると、
とんでもないことになってしまっていたと思います。

 

こういう小さなほころびから大変なことに
つながるんですね。

 

わかっちゃいるんですが、
直面して改めて気づくことの出来た昨日の出来事でした。

 

 

あ、もちろんちゃんと気づいてからは
すぐにリカバリーしましたよ。

たぶん以前より音は鳴るように
なったと思います。

 

 

 

それにしても、あー、びっくりした。
ほんとに冷や汗かきましたよ(笑)

みなさんもこういうケアレスミスには
くれぐれもご注意くださいね!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 楽器修理