質問にお答えします!

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日一昨日と中古ピアノを探されている知人から、
たくさんの質問が飛んできています。

 

今日はその質問からいくつかご紹介しちゃいます。

 

●調律の料金

 

今払っている調律の代金が相場に
あっているのかどうかがわからない!

 

これは地域での問題もありますが、
大体の相場感があります。

 

平瀬楽器の場合、

アップライトピアノで12,000円

グランドピアノで14.000円

が基本料金で、
調整や修理が加われば追加の料金が発生する、
という感じです。

 

あとは放置調律といって、
10年も20年も放置されていたピアノを調律する
際には追加で料金をいただくことがあります。

 

くるいが大きいピアノはそれだけ
手間もかかります。
そのぶんの手間賃と思ってくださって結構です。

 

結局調律の料金は技術料なので、
安くていい調律っていうのはなかなか存在しません。

もしかしたら高いと思われるかもしれませんが、
大切な楽器の保守・メンテだと思っていただければ、
お安いのではないかと思います。

 

 

●メンテナンス料金?

 

中古ピアノを買った場合、10年後・20年後の
メンテナンス経費は、
新品よりかかってくるのですか?

 

 

これもよくある質問の1つです。

 

答えはNO!

中古だからといって
特別にかかってくる経費はありません。

 

もちろん中古と言ってもガタガタのものを
選んでしまうと、
修理だなんだとお金はかかってきます。

 

でも、ある程度手入れがしてある
上質のものを選びさえすれば、
新品を購入したのと同じ程度の
メンテナンス費用しかかかりません。

 

 

ちなみにピアノの場合、
メンテナンスというと毎年の調律です。

これさえきちんとやっていれば
ある日突然壊れてしまった!みたいな
トラブルはまず起こりません。

 

 

 

 

●結局は

 

2つの質問にお答えしましたが、
共通する結論は、

「信頼できる調律師を探しましょう」です。

 

大切な楽器を守るためにも信頼できる調律師に
定期的な調律をしてもらえる環境を作ってください。

 

そうすることで、楽器は長持ちしますし、
余分なお金がかかることもありません。

 

調律をピアノの健康診断、なんていうこともあるのですが、
考え方も全く同じですよね。

大病が見つかる前に検診。定期的な検診でいつまでも元気に!

ピアノも全く一緒ですね!

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - ピアノのこと