【東桂子先生の特別レッスン】ここがすごい!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

先日東先生のピアノ特別レッスンがおこなわれていました。

保護者も参加型のレッスン?

その日は用があり特別レッスンが行われているサロンに
立ち寄りました。
片隅で用を済ませているとレッスン中の先生と生徒さん、保護者の
やり取りが聞こえてきました。

 

普段はなかなか特別レッスンの様子を見ることができません。
ふと手を止めて耳をかたむけると
「この曲の終止がどうなっているか考えて・・・」という会話が
聞こえてきました。

 

やっぱり特別レッスンはすごいな~ハイレベルな会話だな~
と思いながら聞いていると

 

 

先生「この終わり方のことをなんていうんだった?わかる?『ピ』」

生徒・保護者「???」

 

先生「ピカ」

生徒「???」

 

保護者「???・・・チュウ(笑)」

 

先生「(爆笑)・・・っていうのは冗談で『ピカルディ終止』といいます」

 

私もこの楽しいやり取りを聞いてこっそり爆笑してしまいました。

 

威圧的でない、楽しみなレッスン

一般的に私がイメージする特別レッスンはもちろんハイレベル。
付き添いの保護者の方は先生と生徒さんのやり取りを静かに様子を
見守るだけ、当然冗談もいえる雰囲気はないと思っていました。

 

 

でも東先生のレッスンはこういった冗談も言える本当に
楽しいレッスンなんだな~と思ってしまいました。

 

もちろんその後(レッスンを行っていた曲はバッハの何かだった
と思うのですが)このピアカルディ終止について演奏も交えて
説明されていました。

短調の曲が長調で終わることを「ピカルディ終止」というそうです。

 

曲の調性や形式をきちんとわかって演奏することが
大切だということを生徒さんだけでなく保護者の方にもわかるよう
きちんと説明されていました。

 

 

東先生の特別レッスンを受ける生徒さんはよく2枠分の予約を
されます。なぜ2枠も?と思っていましたがこのやり取りを聞いて
納得しました。

 

東先生のレッスンは曲の細部にわたって説明や演奏方法の指導を
してくださっています。

 

厳しいだけ、難しいだけでなく、興味が持て、次の曲にもつながる
指導は生徒さんだけでなく保護者の方も楽しみにされているのだと
思います。

 

 

 

東先生の特別レッスン、ぜひ皆さんにも受けてみていただきたいと
思いました。

 

東桂子先生の特別レッスンはこちらからチラシをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて