これ、ご存知?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

楽器業界なんて新商品らしい新商品が発売されるのは、
チューナーとかメトロノームとかそういったものだけで、
それ以外のものの中で新商品が発売されることがマレなんです。

そんな中で数年前に発売されたのがこれなんです。

 

 

 

●なんだこれ?

 

この謎の道具は何なのかといいますと、
グランドピアノの足についているキャスターを乗せる台。

通称「補助キャスター」とよばれているものです。

 

 

え?グランドピアノってキャスターついてるやん!

こんなのいるの?

 

って思ったあなた、正解です。

多分それが正しいと思います。

 

 

●便利な道具

 

この補助キャスター、
どんなところで使われるのかといいますと、

学校の体育館や講堂などのような
だだっ広い場所で使っていて
しょっちゅう移動をする場合にとっても便利なんです。

 

普段は重いグランドピアノが非常に軽い力で動くんです。
とっても便利です。

 

他にも中古ピアノ屋さんの倉庫なんかでも
よく見かける一品です。とにかく便利なんですよね。

 

●意外と危ない

 

で、なんでこんなものがいるのかという話なのですが。

 

実はグランドピアノってめちゃめちゃ重いんです。

あ、それはよくご存知ですね(笑)

 

 

その重さをたった3本の脚で支えているわけですから、
一本一本の脚に相当な重量がかかっているわけです。

 

もちろん簡単には折れない程度に
設計されていると思うのですが、
それでも何度も何度もその重量がかかったままの状態で
移動を繰り返していると、

丈夫だと思われていた足の部分がボキっと折れてしまった、
なんてことも起こりかねないんです。

 

なので、
ちょっとした移動でも
こういった補助キャスターを付けておけば便利なんです。

 

 

 

●オススメです

 

ホールや結婚式場などでは、グランドピアノの腹側に
専用の台車を差し込んで移動する姿を
ご覧になられた方も多いと思います。

 

あれはあれで便利なんですが、
アレだけで50万円近くする超高価な代物なんです。

 

ホールなどの大きなところだったらまだしも、
個人宅では導入したくても出来ませんよね。

 

そんなときに使えるのがこの補助キャスター。

かなり丈夫に作られていますので
お値段も安くはないですが、
先程書いた50万円よりははるかにお安く手に入ります。

個人宅でも十分使っていただけるレベルだと思います。

 

こういった新商品ってものが
なかなか出ることのない楽器業界ですが、
たまに出る新商品はとっても便利な新商品ですから、
ぜひ色んな所にアンテナ張って情報収集を
しておかれることをオススメします!

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと