何を選ぶ?どう選ぶ?

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

昨日、店頭でご相談を伺いました。

何をすればいい?

20歳代に見えるその女性は店頭で楽譜を眺めていらっしゃいました。

しばらくしてちょっと伺ってもいいですか?とお声がかかりお話しを伺う事に。

 

 

その方は現在幼児教育関係でお仕事をされているそうです。お仕事を始められるた当初は子どもたちに指導する童謡などを中心にピアノで演奏できるようにたくさんの楽譜を購入されていたそうです。

でも最近はそういったことのほかにもう少しピアノの技術も磨きたいと考えられ、これから何をすればいいかのご相談でした。

 

 

月1回程度職場にピアノ指導に来てもらう先生に少し見てもらえるので何か持っていきたいとおっしゃっていました。

状況を確認し各種提案! 

当店のレッスンに通われるご予定であれば、基礎が身についているか実際のレッスンで確認することができます。

 

でもこの方は基本は独学でと考えいらしゃるのでいろいろな会話の中からどの程度のことを習得されているのかを伺う必要がありました。

 

 

弾きたい曲があるならその曲を弾けるようにするためのトレーニングを中心に。

 

テクニック的に苦手な分野があればそれを練習できるような教本を。

 

楽譜を読むのが苦手なら短い曲集がたくさん載っているレパートリー集を。

 

メロディに簡単な伴奏がつけられるようになりたいならコードで学べる教本など。

 

いろいろ提案したところ、どれも必要!とおっしゃっていました。

 

 

全てを一度にできるわけではありませんので

最終的には今一番必要かつ取り組みやすい楽譜を選んでいただく事になりました。

 

 

今回いろいろ提案させていただきましたが

ピアノの楽譜やテキストはたくさんありすぎてどれを選べばいいか本当に悩ましいところです。

 

 

私たちスタッフも全ての楽譜に精通しているわけではありません。でも可能な限りベターな提案をさせていただけるよう学ぶ必要があるなぁと感じたお問い合わせでした。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 楽譜のこと, 考えていること